“山の神”神野大地選手が、4月3日(土)放送の「天才vs大群 〜1人で何人倒せる?〜」(昼2:00-2:54、TBS)で吉本坂46から選ばれた精鋭15人との山登りバトルに挑む。

かまいたち、ハライチがMCを務める「天才vs大群 〜1人で何人倒せる?〜」は、各ジャンルの天才「1人」が大人数の「大群」と対決するエンターテインメント番組。天才は大群の人数を決め、勝利すれば人数分×1万円の賞金をゲット、負ければ賞金はゼロに。ハイリスク・ハイリターンの対決で、天才1人が大人数をなぎ倒すという究極の爽快感が味わえる。

3人の天才が、それぞれ大群と壮絶なバトルを繰り広げる今回。第3戦は、「山の神・神野大地1人vs吉本芸人15人」と題して、2015年、2016年に箱根駅伝の“山登り区間”で大活躍した“山の神”神野選手が吉本芸人15人との対戦を申告。全長3kmの超急こう配を一気に駆け登る山登りリレーで対戦する。

対戦相手の大群は、吉本坂46から選ばれた精鋭15人。全長3kmを15人で短い距離をつなぐ吉本坂メンバーが優勢かと思われたが、中盤から天才・神野選手が驚異の追い上げ劇を見せる。

そんな中、戦いを見守るかまいたちの2人は、バトンタッチをしていく吉本坂46精鋭メンバーのあることに気づき、その内容を知らされて驚きを隠せないハライチ。かまいたちは、吉本坂46精鋭メンバーのまさかの人物に驚愕(きょうがく)する。

なお、TBS公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」では番組のスポット映像を公開中。3人の天才とそれぞれの大群とのバトルの模様、そしてそれらの戦いを見守るMC4人のリアクションを垣間見ることができる。