活動休止中のバンド、きのこ帝国のギター&ボーカルで現在はソロで活動中の佐藤千亜妃が配信シングル「声」と「カタワレ」を2カ月連続でリリースする。「声」は美しく切ないバラード。一方「カタワレ」は、華やかで派手なポップソングだ。

「『声』は2年前くらいに作ったんですけど、その時期に、ちょっと切ない感じの曲にハマっていて。そういえば今までバラード中のバラードみたいな曲をあまり書いたことがなかったなと思って。ロッカバラードみたいのものが多かったので、しっとりと切ない世界を作りたいなと思って、いろんな人の曲を研究して使ったことないコード進行とかも入れて作っていったんですね。詞の世界観としては、実際声は聞こえてはこないけど、『こう思っているのかな』ってこととか、声にならない声みたいなものを大事にしたいと思って書いていきました」

 「声」の演奏陣は、ギターがエレファントカシマシや椎名林檎、Charaのサポートなどで知られるレジェンド・名越由貴夫、ベースはKing Gnuの新井和輝、ドラムは引く手数多の石若駿という面々だ。
「名越さんがメンバーのYENTOWN BANDがすごく好きで。あの世界観とKing Gnuって遠くないドロドロ感と刹那感があるなあと思っていて。そこをかけ合わせると自分の好きな世界観だし、この曲にも合うのかなと思ってギターを名越さん、ベースはKing Gnuの新井君にお願いしました。そして今をときめくドラマーの石若駿くん。あとアレンジを宇多田ヒカルさんとかをやられていた河野圭さんにお願いして。ドリームチームですね(笑)。

歌ものをしっかりやられてきてる方たちですし。このメンバーじゃないと思い描いてるサウンドにはならないなと思っていたので、ほんとありがたかったです。すごく綺麗な曲というよりちょっとリアルなヒリヒリ感みたいなのがあったらいいよねって話をしていて。ウェットってよりドライな音で録ろうとか、ドラムも響き渡るようなドラムじゃなくて結構ミュートをかけた感じにして、かなりこだわって録っていきました。名越さんは自分の中では雪や雨が見えるようなギタリストさんだと思っていたんですけど、その感じもすごいぴったりで。レコーディング中はずっと大興奮してました。皆さんのプレイが1回1回素晴らしいのでどのテイクにしようかって悩むぐらいで、めちゃくちゃ楽しいレコーディングでした。全然楽しい曲じゃないんですけど(笑)」

ボーカリストにとって根幹ともいえる「声」をタイトルに冠した理由とは。

「もともと『声』っていうタイトルの曲を作りたいと思ったところから始まった曲なんです。というのも、一昨年リリースしたファーストアルバム『PLANET』ではいろんな音楽性に挑戦したんですけど、セカンドアルバムは自分をさらけ出すようなものを作りたいなと思っていて。何かのふりをするんじゃなくて、自分から出てくるものを磨き上げたものにしたいなと思っていく中で、『自分が裸になった状態って何だろう』『音楽始めようと思った理由って何だっただろう』ってことを考えたときに、やっぱり歌がすごい好きだなと思って。自分が耳がいっちゃうのって人間の声で。一番裸になる部分は声そのものなんじゃないかなと思ったときに、そこと向き合わないといい作品が作れないと思ったんですね。だから、『声』はアルバムに向けての第一段階という感じなんです」

「もう二度と誰も愛せなくていいと思った」という非常に強いフレーズが印象的だ。

「まず、どの曲も自分が経験したことの中から言葉は書いていきたいと思っていて。この『もう二度と誰も愛せなくていいと思った』っていうのは結構強い言葉なので入れるか悩んだんです。くさい気もするし。でも恥ずかしいから言わずに秘密にしとくことって結構あるのかなと。こういう強い言葉を残しておいた方が曲の強度が増す気がして入れました。大失恋をして、もう誰のことも好きにならなくてもいいと思ったことってみんな1回くらいはあるんじゃないかなと思って、その気持ちを思い出しながら書きました」
「カタワレ」はテレビドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)への書き下ろし主題歌。ドラマは鈴木亮平演じる恋愛下手の少女漫画家を中心としたクセの強いラブコメディーだが。

「根が明るい性格じゃないので、ラブコメへの書き下ろしということで筋力を試されました(笑)。でもプロデューサーさんと監督さんと曲についてディスカッションしていく中で、これまで一人で生きてきたけど、誰かと出会ったことによって生きやすくなるみたいなことをテーマとしたいという話になって、自分が描いてきた音楽の世界とリンクしたんですね。それってきのこ帝国の『東京』とかでも描いてきたことで。それで、生きてくことの重さや、誰かと出会うかけがえのなさを詞にできたかなと思ってます。ただポップなだけでなく、心に残るような歌詞になるようすごくこだわって書きました」

恋愛をきっかけに、自身の生き方にまで気持ちが及ぶような曲になっている。

「誰かと出会って生きていくということをこんなにポップな曲で描くっていうのは、このドラマがなかったらトライしなかったと思いますね。自分がもしドラマに曲を書かせてもらうときが来たら切ない系だと思ってたので。でも負けず嫌いなので、頑張ってみようと思って。久々にデモでギターソロを弾いたり、すごく楽しみながらできました。誰かと誰かが出会うことを思い浮かべたときに、でこぼこ同士が合わさってパズルのピースがハマるようなイメージがあったんです。『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』という映画が思い浮かんで。最初は1個の人間だったけど雷か何かで二つに分かれてしまって、その自分の半身を探してるっていう物語なんですけど。半身は女かもしれないし、男かもしれない。今はそういうところが以前よりフリーになってきて。だからいろんな人が感情移入できたら嬉しいなと思います。まだ好きな人に出会えてない人でも、どこかに自分の半身がいるはずだと思って希望を持って聴いてもらえたらいいなって」
 
2018年からスタートさせたソロ活動は音楽性に枠がなく、とても自由に思えるが、曲制作におけるバンド時代との違いとは何だろうか。

「作るときのモチベーションや初期衝動みたいなものは全然変わってないんですけど、研究熱心になりました。ソロになったからなのか歳を重ねたからなのかわからないんですけど。いろんなアーティストさんの曲に刺激を受けるっていうことが昔は偶発的に起きてたんですけど、今は自らいろんな情報を体の中に入れるようにしています。自分の表現に落とし込むとしたらどういうやり方があるんだろうってすごく考えます。最初のアルバム『PLANET』を作ったことで、逆に自分だけにあるものってなんだろうっていう風に考えるようになりました。それをするとより音楽が楽しくて、より音楽と密になってきてるなって感じています」

 最近の心境の変化について、こう続ける。

「高校や大学のときは、すごく視野が狭くていろんなことを決めつけがちだったんですけど、否定しても結局堂々巡りだったりして。じゃあ一回受け入れてみたらいいじゃんと思ったんですね。そうしたら面白いと感じるかもしれないし、否定から入ることの無意味さを感じるようになって。人の伝聞だけで何かを評価するって自分にとって損なことだし。ただ、そうしていろんな音楽を吸収していったら、脳がダメって言わなくなり過ぎちゃって、それもどうなのかなって思ってきて(笑)。だから、今は自分のヘイトだったりこれはないというジャッジメントも大事にしなきゃなって思い始めています。
これはセカンドアルバムの構想につながる話なんですけど、そうじゃないと自分のシルエットが分からなくなるなって。若い頃にNOって言ってたことで損してた部分もあったんだけど、それはそれで守られてた何かがあって。そのバランスが難しいんですけど。今はまたちょっと自分の中の好きと嫌いをちゃんと聞いてあげたほうがいいなって思いながらアルバムを作ってますね」

取材・文=小松香里