大滝詠一のアルバム『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』が、2021年4月4日付のオリコンデイリー・アルバムランキングで1位を獲得した。

■40年経った今も根強い人気

本作は1981年3月21日に大滝が発表したアルバム『A LONG VACATION』の発売40周年を記念して2021年3月21日にリリースされた作品で、発売直後から好調なセールスを記録。ロングセールスになった結果、発売日から2週間後に1位を記録した。

“ロンバケ”と呼ばれる本作品は、2020年までに累計300万枚以上のセールスを記録した日本の音楽シーンに輝く名盤。リリースから40年の時を経て、オリコンデイリーランキングで1位を獲得する快挙を成し遂げた。

また、大滝詠一は自身のレーベル「ナイアガラ」から発表した本人名義の楽曲全177曲を3月21日より各音楽サブスクリプションサービスで解禁。直後から大きな話題になり、Apple Musicの公式プレイリスト『はじめての大滝詠一』が、トッププレイリストチャートで第1位を獲得した。

若い世代から支持されるアーティストが上位を占める音楽サブスク・ランキングにおいて、大滝のようなキャリアアーティストが1位を獲得するのは異例で、大滝の作品が世代を超えて愛されているということが証明された。

また、大滝の代表曲「君は天然色」のミュージックビデオもYouTube再生回数が早くも400万回を突破。動画のコメント欄には国内ファンからだけでなく、海外からのコメントも多数寄せられており、サブスク解禁によって海外でもファンが急増している。