ミュージカル「ゴヤ -GOYA-」囲み取材が4月8日、東京・日生劇場で開催され、今井翼、小西遼生、清水くるみ、山路和弘、仙名彩世、塩田康平、天宮良、キムラ緑子が出席した。同作は、原案・脚本・作詞のG2と演出の鈴木裕美が初タッグを組むオリジナルミュージカル。ピアニストの清塚信也がミュージカルの作曲・音楽監督に初挑戦する。

スペイン最大の画家と謳(うた)われるフランシスコ・デ・ゴヤを題材に、彼の波瀾(はらん)万丈な生き様と混沌とした社会の中でいかにして芸術家となっていったのかを描き、今井が聴力を失いながらも後世に残る絵を描き残したゴヤを演じる。

同作が芸能活動復帰後の“初主演”作となる今井は「こうして舞台に立てることをあらためてありがたく感じています」としみじみと口にし、「僕にとって日生劇場はたくさんの思い出が詰まった劇場。『帰ってきた』という気持ちです」と感極まっている様子。

劇中ではさまざまな歌が披露されるが、ゴヤの親友・サパテールを演じる小西は、今井の声を「ミュージカルの主演で、バリトンの声の主人公はかなり珍しい。とても男らしく野性的で、それがまたゴヤという人物にマッチしてる」と絶賛した。

稽古を通して仲も深まっているという今井と小西。今井は小西からマッサージ器具をもらったり、小西は今井からどら焼きをもらったりしているが、今井が「どら焼きは東山(紀之)先輩から頂いたものです」と笑顔を見せた。

さらに、近藤真彦からプレゼントがあったそうで「ものすごい豪華なバラの花束を頂いて。これまでお世話になってきた諸先輩方が、僕に思いを届けてくださり、引き締まる思いです。その思いはこれからも大事にしていきたい」と先輩たちからの厚意に感謝した。

また、滝沢秀明氏が演出、Snow Manが主演を務める舞台「滝沢歌舞伎ZERO 2021」も同じく8日に開幕。同日に初日を迎えることについて聞かれ、「そうなんですよ。お互いにそれぞれが一生懸命にやれたらなと」と笑みを浮かべ、「一番はお客さんのためにという思いでやっていて、僕は僕で一生懸命頑張りたい」とりりしい表情で誓った。

会見では、今井が日々のルーティンを明かす一幕も。「起きた時からルーティンがあります。基本、本番の4時間前には起きて。今日は初日ということもありソワソワして、平常心を保つにはどうしたらいいかと考えて。いつも通り掃除機をかければと思い、掃除をしてきました」と告白。

また、舞台中ということで食事も気を使っているらしく、「帰ってすぐにご飯を食べられるように、晩ご飯の準備も済ませてきました。体力勝負ですので、今日はうなぎと朝からすった自然薯。しっかり力をつけないと」と言い、「この1カ月間、常に晩ご飯をどうするかと献立を頭に入れていて。取り寄せたサムゲタンやすっぽんなど、とにかく体にいいものを冷蔵庫にたくさんストックしています。充実した冷蔵庫になっています」と満面の笑み。

また、今井は寝る前には煮卵を作り、共演者にもおすそ分けしているとのことで、食べたキムラは「本当においしかったです。作り方を教えてもらいました」とその味を絶賛し、今井も照れ笑いを浮かべていた。

ミュージカル「ゴヤ -GOYA-」は、4月8日〜29日(木)まで東京・日生劇場で、5月7日(金)〜9日(日)には愛知・御園座で上演される。


◆取材・文・撮影=TAKAMI