オードリー・春日俊彰とフワちゃんが3月に兵庫・神戸で開催された「全日本エアロビクス選手権大会」の一般ペア・グループ部門でメダルを獲得。4月10日(土)の「炎の体育会TVSP」(夜7:00-9:00ほか、TBS系)では、2人の快挙達成までの270日間の軌跡が放送される。

■全国大会に向けて振り付けをレベルアップ!

2020年7月、2人はペアを組み特訓を開始。12月にはエアロビクス南関東大会に出場し、デビュー戦にもかかわらずいきなり準優勝した。そして今回、全国大会で勝つために南関東大会で覚えた振り付け、曲、衣装を全て一新。

特に振り付けは、高ポイントが狙える難度の高い演技構成にレベルアップして挑んだ。その中には、フワちゃんが勢いよく走って春日の肩に飛び乗り、回転しながら大開脚する「ウルトラスーパーバード」という大技も。

春日は、「どんなスピードでフワちゃんが飛び乗ろうと、私が受け止めて必ず成功させる!大丈夫大丈夫!」と絶対の自信で臨む。

■最強兄弟の身体能力に宮川大輔が驚嘆「マジで神や!」

さらに、那須川天心選手、那須川龍心選手のキックボクシング最強兄弟も登場。大好物のウナ肝やシャトーブリアンを懸け、超難関企画「トッピングチャレンジ」に挑戦する。

天心選手は「弟が大好物なんで絶対クリアする!」と断言。すると龍心選手は、「お兄ちゃんが大好物なので絶対失敗できない」と“兄弟愛”がさく裂。

2人が「前方から乱れ飛んでくる大量のピンポン球を、60秒間1球も当たらずに上半身だけで交わせるか!?」という「60秒間ピンポン球避け」にチャレンジすると、とんでもない身体能力を発揮。見届け人の宮川大輔も「マジで神や!神!人間技ちゃう!」と兄弟のパフォーマンスを大絶賛する。

その他、「キックDE巨大ダルマ落とし」では、巨大ダルマに乗った宮川を天心選手がキック力だけで救出する難関チャレンジに挑戦。キックのコントロール力も重要だが、ダルマの上に乗っている宮川と天心選手の連携もチャレンジ成功のポイントとなる。

そして、番組後半には天心選手が重大発表を行う。

さらに、「体育会TV軍」に加入することが決定した3組の新メンバーも明らかになる。