5月28日(金)に公開される、椰月美智子原作(角川文庫刊)、瀬々敬久監督、映画「明日の食卓」の本予告映像と本ビジュアルが解禁となった。

10年ぶりの映画主演となる菅野美穂が、フリーライターでふたりの息子を育てる石橋留美子役として、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら、仕事復帰を目指す母親を、タフな存在感と未来への希望をうかがわせる、ほがらかさをにじませながら演じる。

また高畑充希が、シングルマザーで大阪に暮らす石橋加奈役として、若くして母になり、パートの仕事をかけ持ちして働きづめの毎日ながら、ひとり息子の成長だけが生きがいに、愛情深く肝のすわった母親像をリアルに体現している。

そして尾野真千子が、年下の夫と優等生の息子にかこまれ、一見、何不自由なく幸せを手に入れているように見える石橋あすみ役をていねいに演じている。

子を持つ親なら誰もが直面する問題をリアルに描いた本作は、女優陣が各々のドラマを濃密に演じ、緊迫のクライマックスへと向かわせ、見る者に共感と問題意識を喚起しながら、ラストには希望の光を与えてくれる。

今回、解禁された本予告映像では、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライターの留美子(菅野)、大阪府在住の30歳のシングルマザーで息子を愛情深く育てながら懸命に生きる加奈(高畑)、静岡県でやさしい夫と自慢の優等生の息子にかこまれ、幸せそうに暮らす36歳の専業主婦のあすみ(尾野)、同じ“ユウ”という名前の、10歳の息子を育てる3人の母親たち三者三様の「石橋家」の平和な日常が描かれていく。

しかし、突如として「ある日、ひとりのユウ君が母親に殺されたー」という言葉とともに、衝撃の展開へとつながっていき、子育てや家事に非協力的な夫に対し「協力しあおうって思えないの?」と問い詰める留美子の姿や、加奈に対し「僕のことはもう嫌いなんや!」と叫ぶ息子の勇(阿久津慶人)、そして「僕はいい子じゃない! お母さんもいいお母さんじゃない!」と狂気じみた表情で話す、あすみの息子の優(柴崎楓雅)を捉えたカットなど、それぞれのリアル、かつ魂を揺さぶられるシーンが映し出されていき、3つの石橋家がたどり着く運命は、私たち見る者の運命そのものかもしれないとメッセージを投げかけている。

また、ミュージシャンの小木戸利光が、実弟の小木戸寛と組むバンドのtokyo blue weepsが、主題歌「Motherland」を歌う。2012年リリースのEP収録「dear grandma」を瀬々監督が気に入り、本作のためにアレンジを加え、本編が終わった後に続く“明日”への望みをつなぐ。

さらに、あわせて解禁となった本ビジュアルでは、菅野、高畑、尾野が演じる3人の母親たちが、こちらをのぞき込むような構図となっており、一見、光に包まれた幸せな雰囲気に見えるものの、真ん中には「息子を殺したのは、私ですか――?」という衝撃のコピーが添えられ、懸命に生きる3人の母親たちの、三者三様の運命を予感させるビジュアルとなっている。

ワンオペ育児や困窮するシングルマザー、世の母親たちを取り巻く環境はかようにも過酷だが、それは決して母親だけの問題ではない。にもかかわらず、その多くを彼女たちが背負わざるを得ない現実がある。それぞれが子育てに奮闘しながらも、息子を心から愛する幸せな家庭を築いていたはずだったのに、どこで歯車が狂ってしまったのか、すでにマスコミ試写では女性たちの高い共感度を得ており、瀬々監督が、女性が社会、育児、仕事のはざまでゆれ動く、決して他人事ではないリアリティあるサスペンスをつむぎだした。
■映画「明日の食卓」あらすじ
同じ“石橋ユウ”という名前の小学5年生の息子を育てる3人の母親たち。

神奈川在住のフリーライターの石橋留美子(菅野美穂)43歳、夫の豊はフリーカメラマン、息子の悠宇10歳。

大阪在住のシングルマザーの石橋加奈(高畑充希)30歳、離婚して、アルバイトをかけ持ちする毎日、息子の勇10歳。

静岡在住の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)36歳、夫の太一は東京に通い勤務するサラリーマン、息子の優10歳。

それぞれが息子の“ユウ”を育てながら、忙しく幸せな日々を送っていた。しかし、ささいなことがきっかけで、徐々にその生活が崩れていく。苦労はあっても、息子への愛にいつわりはなかったはずなのに、どこで歯車が狂ってしまったのか。“ユウ”の命を奪った犯人は誰なのか、そして三つの石橋家がたどり着く運命とは……。