千鳥・ノブと弘中綾香アナがMCを務める「ノブナカなんなん?」(毎週土曜夜10:25-10:55、テレビ朝日系)の4月10日(土)放送のテーマは「“可愛すぎる野球女子”って…なんなん?」。みやぞん(ANZEN漫才)とダレノガレ明美がゲスト出演する。

今、YouTubeやSNSでは、野球をしている様子をアップする女子たちに注目が集まっているという。ノブも“野球女子”というキーワードに即反応し、「野球というおじさんたちが好きなスポーツを好きということは、おじさん好きの可能性も…」と語るが、弘中アナは「野球選手狙いのはず」、ダレノガレも「既に野球選手とつながっているかも」と厳しい反応を返す。

そんな中、同番組は“一流企業系野球女子”の竹本萌瑛子さん(24歳)、“金髪野球ギャル”のめいちゅんさん(22歳)、“大乗っかり野球女子”の坪井ミサトさん(24歳)という3人の野球女子をピックアップ。それぞれバッティングセンターで待ち合わせると、豪快なスイングの披露はもちろん、ピッチングマシンから投げられたボールをキャッチングする、キャッチャーとして優れた才能を見せる野球女子も。

だが、3人共とても野球に打ち込んでいるようには見えないということで、竹本さんのプライベートに密着することに。都内で一人暮らしをする竹本さんの部屋を訪れると、ノブはある理由から一人暮らしをする女性の部屋として理想形だと大興奮。

一気に竹本さんびいきになるが、話を聞くと、野球女子を名乗っているはずなのに、いろいろと疑いの目を向けたくなる言動が飛び出す。それはめいちゅんさんや坪井さんも同様で、3人が真の野球女子と言えるのか、深掘りしていく。

また、同番組は“ガチ野球女子”を探し出すことにも成功。高校時代に全国大会2年連続出場の経歴を持ち、 オフの日もトレーニングを欠かさず、野球漬けの毎日を送る笹川萌さん(25歳)に密着する。

そして、笹川さんに“可愛すぎる野球女子”と“ガチ野球女子”の真剣勝負を提案すると、笹川さんも快諾。笹川さんの投げるマックス120km/hの速球に、竹本さん、めいちゅんさん、坪井さんが挑む。

さらに、試合の映像とともに竹本さんたち3人の近況が明かされると、スタジオからはさまざまな反応が飛び出す。「まんまと彼女の策略に引っかかった!」「これは応援したくなった!」「バッティングセンターのときよりフォームが良くなっている。誰のアドバイス?」など、打者が変わるたびにスタジオのボルテージも上がっていく。