4月11日、TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」放送後、木村のネット番組「木村さ〜〜ん!」の#141が配信された。

#140でおうちキャンプに挑戦し、“ベアーズ島田キャンプ”さんとテントを張り焚き火をした木村。今週は「レッツクッキング!」ということで鹿肉を使ったスパイスカレーを作る。
キャンプ歴9年の島田さんだが、焚き火の火が“バチッ”という度にビクっとするため、木村はその姿に思わず笑ってしまう。
その後も何かと手際が怪しい場面もあったが順調に調理は進む。鹿肉を焼く際には、木村は焚き火の火を強くし、先週言った通り、火の番をしっかり務める。
カレーを混ぜる木村が「水分量大丈夫?」と足りなさを心配すると、「後でヨーグルトと水を入れます」と島田。だが、木村の普段カレーを作る際は、野菜から出る水分で水分量を調整するというアドバイスを受け、島田さんはトマト缶を追加。その後も味見をしながら味の微調整を続ける。すると「奥の味が足りない」と島田さんの名言が。木村も「いいね、奥の味」と。そこで島田さんが足した調味料とは…?
奥の味がぐっとくるそう。
ごはんも炊き上がり、実食へ。「うん。うん。めちゃくちゃうまい。ごはんの炊き具合完璧だ。鹿肉もすごく美味しい」と絶賛する木村。
するとレモンをごはんに絞ると美味しいという島田。疑心暗鬼で食べる木村の反応は…?
体もあったまり、完食した木村は「楽しいかも。これ面白いかもね!」とおうちキャンプの感想を。さらに「アウトドア完璧じゃない人で良かった」と島田さんへの感想も。その感想に「あれ?」という島田さんだが、「島田さんとだったらキャンプ行けそう」と最高の褒め言葉を贈る。さらにカレーも「98点!」と高得点。途中聞こえてくる、車の音やバック音も「これもいいかも。小鳥のさえずりくらいに聞こえてくるかも」と、最終的には大満足でおうちキャンプを終えた木村だった。