日向坂46の冠ラジオ番組「日向坂46の『ひ』」(文化放送)の第54回が4月11日に放送され、丹生明里と森本茉莉が出演。メンバー間での“年齢いじり”に関するエピソードや、オーディション中に聞いていたファイトソングについて語った。

■メンバー同士での“年齢いじり”を明かす

日向坂46メンバーの年齢に関する話題となり、2001年2月に20歳の誕生日を迎えた丹生は「陽菜とかも“あれまだ学生じゃなかったっけ?”っていういじりをよくする」「“いやもう20歳だけど”みたいな感じのいじりもよくする」と、2021年の7月で20歳の誕生日を迎える河田陽菜とのエピソードを明かした。

「メンバーの年齢いじりあるかも」という丹生の言葉に、自分もすると語った森本。自身と全く同じ生年月日である山口陽世について、「陽世はいつもあんまり17歳に見えないじゃないですか。“小学生?”みたいないじりをするので。“陽世って足し算とかもう習ったんだっけ?”みたいな(笑)」と告白した。

丹生は、後輩たちの“年齢いじり”エピソードに驚きながらも「日向の楽屋はいじりが飛び交ってるみたいです(笑)」とリスナーに報告していた。

■オーディション中に聞いていた「ファイトソング」を紹介!

また、「皆さんにとってのファイトソングを教えてほしい」というメールに、日向坂46の「青春の馬」や「ソンナコトナイヨ」を挙げた丹生。

さらに、「私、実はすっごく力をもらえるような楽曲がありまして」とGReeeeNの「U R not alone」を紹介し、「私の中では背中を押していただいた楽曲で、オーディションのときからずっと聞いていたんですけど、大事な曲なので、ぜひおすすめです」と熱く語った。

続けて森本もオーディション中に聞いていた楽曲として乃木坂46の「空扉」を紹介。「前向きな気持ちになれた」と振り返り、「最終審査でも歌唱させていただいたんですよ。だから、乃木坂さんの『空扉』は、私は結構やる気を出すというか、頑張ろうっていう気持ちになりたいときに聞きますね」とコメントした

次回の「日向坂46の『ひ』」は、4月18日(日)放送。金村美玖と宮田愛萌が出演する予定。