趣味にドハマりする人々を紹介するバラエティー「沼にハマってきいてみた」(毎週月〜水曜夜6:55-7:25、NHK Eテレ)。4月14日(水)は、人気急上昇中のグローバル・ボーイズグループ「JO1」を特集する。

メンバーは、大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨の11人。今10代が最も熱くなっているサバイバルオーディションで約6000人の中から選ばれ、2020年3月にデビューを果たした。オーディションでの約3カ月にわたる熾烈(しれつ)な競争の様子は配信で逐一伝えられ、視聴者である“国民プロデューサー”の投票で選ばれる仕組みのため、真剣に応援する“ハマったさん”が急増。

番組では「将来JO1みたいになりたい!」と体操教室に通い始めた小学生や、オーディションを通して家族全員がJO1にハマり、いつも「JO1クイズ」を楽しんでいるというファミリーを取材。ゲストには“JO1大好き”という動画クリエイター・kemioが登場。グローバルに活躍する同世代としてエールを送る。

スタジオではオーディションでの名場面を振り返りながらの貴重な裏話トークが満載。ハマったさんたちが大絶賛する“シンクロダンス”の秘密も明かされる。また、ダンスレッスンの現場にも密着。さらに、スタジオライブで新曲「Born To Be Wild」をフルコーラスで披露する。