乃木坂46の秋元真夏がパーソナリティーを務めるラジオ番組「秋元真夏(乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー」(文化放送)の第2回が4月11日に放送。10日に開催されたという、スマートフォン向けアプリケーションゲーム「乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜」のランキング上位者が参加できるイベントの話題となり、秋元が発声禁止イベントの難しさについて語る場面があった。

■ 「このご時世のイベントってもうちょっと内容考えなきゃいけない…」

秋元は、「いつも通りとはいかないので、みんなお客さんはマスクして、何かを言いたかった場合は手元にある小さいホワイトボードに書いて私に見せてもらって、そこで会話をするっていう、喋れるのは私だけっていう状態だったんですけど」とイベントについて説明した。

自身で企画したというイベントの内容は、秋元が鼻歌を歌い、ファンが曲名を当てるという「鼻歌イントロ」。秋元は、ラジオで実施した際にファンからの評判が良かったことから同企画に決めたという。

しかし、実際にイベントでやってみると伝わらなかったと告白。さらに、「(ファンは)私に何かを伝えてあげたいからホワイトボードに書き込むために下を向くんですよ。誰にも私は見られてない状態で鼻歌を歌うっていう…(笑)」と振り返った。

秋元は「このご時世のイベントってもうちょっと内容考えなきゃいけないなっていうのが勉強になった」とコメントし、イベントに参加したファンに対して「聞いてくれてるかもしれないから、その人たちにはごめんなさいって言いたいんですけど、楽しんでもらえてましたか…?私は不安もありますが、楽しんでもらえてたらいいなと思います」と語りかけていた。

最後に、今後のイベントについて「喋れなくても盛り上がることを模索していきたいなと思います」と意気込んだ。