4月19日(月)に放送される「CDTVライブ!ライブ!」3時間スペシャル(夜7:00‐10:00、TBS系)の第1弾出演アーティストが発表された。

■第1弾出演アーティストはA.B.C-Z、SEVENTEENら

A.B.C-Zは、新曲「Nothin’ but funky」をフルサイズテレビ初披露する。2022年のデビュー10周年に向け様々な試みを行い、勝負をかけたA.B.C-Zの通年プロジェクト「Z PROJECT」。その一環で、GLAYのギタリスト、リーダーであり、メインコンポーザーであるTAKUROがジャニーズ初となる楽曲提供を行った楽曲だ。70年代を彷彿させるファンクなグルーヴと、キャッチーなメロディーでステージを盛り上げる。

韓国の13人組ボーイズグループのSEVENTEENは、新曲「ひとりじゃない」をフルサイズで披露。2018年に日本デビューを果たしたSEVENTEENの日本3rdシングルで、夢に向かってスタートラインに立つ青春の勇気と誓いを歌うオリジナル曲だ。困難な時代に青春を過ごす全ての人へエールを送る内容であると同時に、ファンとの再会を誓うメッセージソングでもあるという。

9月27日(月)にデビュー20周年を迎えるEXILEは、作詞をEXILE TAKAHIROとEXILE SHOKICHI、作曲をEXILE SHOKICHIが手がけた、スタイリッシュでダンサブルなアッパーチューンの新曲「PARADOX」をフルサイズでテレビ初パフォーマンス。

■ほかにも櫻坂46、マカロニえんぴつらが登場

そして、三浦大知は2021年最初のリリースとなる楽曲で、6人のダンサーと織りなす圧巻のパフォーマンスのMVが話題の新曲「Backwards」を、櫻坂46は“あきらめない強さ”を表現した激しいダンスが注目されており、1stシングルに引き続き森田ひかるがセンターを務める新曲「BAN」をフルサイズテレビ初公開。西川貴教は、先行公開された角が生えた姿のアーティストビジュアルが話題となった新曲「Edenthrough the rough」をフルサイズでテレビ初歌唱する。

さらに、マカロニえんぴつは、全曲豪華タイアップのついたメジャー1stシングル「はしりがき」EPの表題曲で、アニメ映画主題歌として青春をテーマに書き下ろした新曲「はしりがき」をフルサイズで演奏。そして森山直太朗 は、2020年4月の緊急事態宣言下に詩人・御徒町凧が書いた詩に共鳴し生まれた、新たな春の代表作「最悪な春」をスペシャルステージから中継する。

また、歌って踊ろう!3時間スペシャルならではの企画も。 “お母さんと子どもたちが選んだ!大ヒットダンスメドレー”と題し、子どもたちに大人気の曲や運動会の定番曲など親子で歌って踊れる大ヒット曲をメドレーで披露。ケロポンズはYouTubeでの再生回数が約8800万回を誇る楽曲「エビカニクス」、Foorin は「パプリカ」を歌って踊ってステージを盛り上げる。さらに、しまじろうやハローキティなど大人気キャラクターたちも登場する。

■出演アーティスト・歌唱曲(※アーティスト50音順)

A.B.C-Z「Nothin’ but funky」
EXILE「PARADOX」
ケロポンズ「エビカニクス」
櫻坂46「BAN」
SEVENTEEN「ひとりじゃない」
西川貴教「Eden through the rough」
Foorin「パプリカ」
マカロニえんぴつ「はしりがき」
三浦大知「Backwards」
森山直太朗「最悪な春」