フジテレビの水曜深夜「水曜NEXT!」枠では、4月14日(水)と21日(水)に「芸人Qゅん」(深夜0:25-0:55※関東ローカル)を放送する。MCとしておぎやはぎ(小木博明、矢作兼)が出演し、芸人たちに「きゅんできるのか」という視点から、芸人が頑張って汗をかいたり、かわいらしい素顔を見せたりする瞬間、きゅんポイントを発見していく。

■持ちギャグは禁止の「ギャグカルタ」に挑戦!
4月14日の放送では、「あ」から「ん」までの46文字から始まるギャグをその場で考え、5人の笑いに飢えた一般の判定人の前で披露し、全員笑えばカルタに認定されるという「ギャグカルタ2021」を実施。

ちゅうえい(流れ星)、Yes!アキト、サツマカワRPG、八木真澄(サバンナ)の4人が登場する。

持ちギャグは禁止という厳しいルールの元、先陣を切ったちゅうえいに、メンバーは「かっこよ!」と盛り上がり、次々とギャグを披露していく。

それを見ていた八木は、最初のうちは「自信がアルパカ」と絶好調だったが、次第に「みんなこのペースでいくの?」と不安になっていく。また、Yes!アキト考案の“全員でギャグ”のチャレンジがきっかけに不穏な空気が。

途中からアイアム野田(鬼ヶ島)や村上健志(フルーツポンチ)が助っ人として登場するなどの展開や、ハプニングもあり、VTRを見た矢作は「すごい!すばらしいドキュメンタリーだ」と感激する。
■ペットへの愛が詰まった個性的すぎるアート作品が!

21日放送回では、ペット好き芸人が集結し、それぞれが愛するペットをアートにする企画を実施。登場するのは、大久保佳代子(オアシズ)、サンシャイン池崎、ひぐち君(髭男爵)の3人。

大久保は、愛犬の「パコ美なしの生活は考えられない」と語り、可愛さを熱弁する。サンシャイン池崎は、愛猫の風と雷のために3〜4万円もする猫用アイテムをゲットしたことなどを明かす。そして、ひぐち君は、うさぎのもずくのために「一番いい生活をさせたい、与えられるものは与えたい」と話す。

それぞれのペットとのプライベートな生活をカメラが追いかけると、今までに見たことのない芸人たちの素顔が明らかになる。その幸せな瞬間から生み出された個性的すぎるアート作品も披露される。
■ぼる塾が思い出を再現したカレンダーを制作!

さらに、ぼる塾が思い出を振り返りながらカレンダーを作る企画も放送。

きりやはるかが、完全プロデュース、またカメラを担当し制作がスタート。3人で初めて行ったカラオケの再現、ファッショナブルに変身した田辺智加とあんり、ぼる塾結成記念日など、はるかはそのときの思い出を振り返りながら演出する。

「かわいい〜!おいしいの〜?」と盛り上げながら、ふたりの姿がカメラにおさめられていく。カレンダー作りを通じて1年を振り返ることになった3人は「気付かされたよ」「この1年は改めて」としみじみ語り始める。スタジオで見ていたおぎやはぎと渋谷凪咲は、きゅんボタンを押しまくり、矢作は「ぼる塾にこんなにきゅんきゅんするとは!」と驚きを隠せない様子だった。

2週にわたって放送される同番組。最もきゅんとしたMVQは、小木の独断で選ばれる。