2018年より実写化され、ドラマ・映画と人気を博している「賭ケグルイ」。このシリーズ新作『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』が4月29日(木)に公開される。
これに先駆け、森川葵が演じる早乙女芽亜里を主人公にしたドラマ「賭ケグルイ双(ツイン)」がAmazon Prime Videoにて配信中だ。
「賭ケグルイ双」でシリーズ初主演を務める森川にインタビューを実施。新作ドラマ、映画の見どころや、作品に対する思いなどを尋ねた

――久しぶりの新作ですが、芽亜里の役にはすっと入れましたか?

撮影は「双」からだったんですが、「双」はいつも皆さんが見ている芽亜里ほど飛ばしてはいないので入りやすかったです。ドラマが途中まで進んでから映画の撮影が始まったので、徐々にエンジンをかけながら作っていけて、弾ける芽亜里に気持ち良く入れました。

――「双」を通して、改めて気付いた芽亜里の魅力はどこですか?

これまでの芽亜里は自分の道をひたすら真っすぐに進むような印象で、自分中心に世界が回っているような性格に見えていたんですが、「双」で芽亜里がどうしてそうなったのかに触れることによって、芽亜里はすごく人思いで自分の周りにいる人を大切にする子だったというのが見えてきました。

――「双」では、シリーズを通して初の座長という立場になりますね。

芽亜里のキャラクターはすでにでき上がっているので、「双」をやるから主役です!みたいな顔でいるのは違うと思いました。ただ、「双」には新しいキャストがたくさん入ってきているので、みんながどうやったら「賭ケグルイ」の世界に入りやすくなるか、どうしたら楽しんでもらえるか、というのは意識して、コミュニケーションをとるようにしていました。
それに、監督やスタッフさんは前作と変わらないメンバーなので、私が何かをすごく変えるとかではなく、とにかくみんなが楽しく過ごしてくれればいいなと思ってやっていました。

――英勉監督の下、シリーズにおよそ3年間携わって、女優としての力がついたという実感はありますか?

英さんの監督としてのスタイルが独特過ぎて、英さんのようなお芝居の付け方をする方って他にいないんです。もちろん「賭ケグルイ」に出ることに関しては絶対的な自信はあるし、芽亜里も私にしかできないっていう自信はあるんですけど、それを他の現場で…というのはまだ経験がないです。
ただ、「賭ケグルイ」の現場では急にいろんなことをやることが多いので、確かに瞬発力は身に付いているかもしれないです。度胸も付いてきていると思います。毎回、英さんが私に試練を課すので(笑)、「賭ケグルイ」でやったから、基本何が来ても大丈夫!という気持ちにはなっています(笑)。


――改めて芽亜里とご自身との共通点を教えてください。

褒められると調子に乗っちゃうところですかね。あとは、女の子の友達が多いところ。

――芽亜里は高校生ですが、ご自身はどんな学生生活を送っていましたか?

中3でこの世界に入ったんですけど、中学生の頃はいわゆる陰キャと呼ばれるような存在でした。ニコニコ動画を見て笑っているような感じで(笑)、明るいタイプではなかったです。外を出歩くよりはパソコンで動画を見ている方が好きな中学生でした。
だから、高校に入る前は「絶対に高校デビューしよう!」と決めて、中学校の友達がいない高校に進学しました。友達を作ろうというタイミングでも、「この子と一緒にいれば、絶対に1軍になれる!」っていうかわいい子に近寄って仲良くなって、策略的に花の高校デビューを果たしました(笑)。その友達とはちょっと前まで一緒に住んでいたし、今でも毎日連絡をとる仲です。

――作品のテーマがギャンブルですが、森川さんご自身は運の強い方ですか?

多分強いです。運を持っていると思います。

――最近、運がいいと感じたエピソードを教えてください。

この間雑貨屋さんに行ったときに、すごくかわいいしょう油差しを見つけたんですが、1個しかないと言われたんですね。友達へのプレゼントにしたいけど、自分も欲しいんだけどなと思っていたら、お店の方が「もう1個だけありました!」ってお店の奥からもう1個出してくれたんです。ある作家さんのしょう油さしで、次の入荷まで半年かかるような品物なので、たまたま2つ買えてラッキー!って思いました。
■三春滝は真っすぐ過ぎて損しちゃうだろうな

――ドラマ、映画の“推しキャラ”を教えてください。

ドラマだと、生田絵梨花ちゃんが演じる三春滝咲良です。三春滝は真っすぐ過ぎて損しちゃうだろうなっていう、思わず支えたくなるような女の子。もうちょっといい人生に導いてあげたくなります。生田さんも真っすぐに三春滝を演じていて、役にぴったりだと思いました。
映画だと新渡戸九(小野寺晃良)ですね。「賭ケグルイ」のキャラクターはみんな個性が強いからキャラクター同士の相性があると思うんですけど、新渡戸は誰と組んでもうまくいくんです。若干違和感があって面白いです! 若いのに自分で自分のことを「おじさん」って言うところもいいですよね(笑)。

――芽亜里以外で演じてみたいキャラクターは?

難しいですね…。矢本(悠馬)さんが演じている木渡は、自由そうだしやったら楽しそうだなって思います。木渡のお芝居の案は全部矢本さんが出しているそうなんです。映画の木渡のシーンがすごいなと思っていたら、英さんが「あれ、全部自分で考えたんだよ。台本にあんなこと書いてないのに」っておっしゃっていて、自分で考えるのは大変そうだけど楽しそうだなって思いました。

――最後に、ドラマ、映画の見どころを教えてください。

「双」では、これまでの本編では見られなかった、芽亜里のかっこいいところをたくさんお見せすることができると思います。
個人的に好きなシーンは、芽亜里が早口でつづら(秋田汐梨)をまくし立てるシーンです。監督から「後からラップ調の音楽を付けるから、ラップっぽい感じでやってほしい」と言われて、「どういうことだろう?」と思っていたんですけど、完成した映像を見ると、めちゃくちゃかっこいい音楽が流れていて驚きました。元々の「賭ケグルイ」にはないような、多分、芽亜里が主人公だからこういうテンションになったんだろうなという場面なので、注目してもらいたいです。

映画では、説明(ゼリフ)の多かった五十嵐とか、今まで見せ場があるかといったらそうではなかった役回りのキャラクターにも、ちゃんとスポットが当たっていると思います。魅力的なキャラクターたちがそれぞれ輝いている姿を見てほしいです。

――それを芽亜里風にアピールするなら?

「あんた、見なきゃ損するわよ!」ですかね(笑)。