吉川愛、板垣李光人がW主演を務めるドラマ「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)の第3話が、4月15日(木)に放送となる。

同ドラマは、ためこう原作のコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。美しいものは大好きだが、仕事に夢中になるあまり自分自身のおしゃれは二の次になっている漫画誌の編集者・町田和子(わこ/吉川)と、メークも完璧なファッションショップ店員・相馬周(めぐる/板垣)。“和子のことがずっと好きだった”という周の言葉をきっかけに、お試しで付き合うこととなった二人の恋愛模様を描く。

第3話では、子供番組の“歌のお兄さん”として活躍するタレント・ゆうたん(永田崇人)が登場。キラ(桐山漣)は、ゆうたんが歌のお兄さんを務める子供向け番組に出演するが、トラブルを起こしてしまう。そこで、周がキラの代役として番組に出ることになる。

公式サイトで見ることのできる第3話の予告動画や先行カットでは、子供向け番組に出演することになった周が、“歌のお兄さん”の衣装を着用した姿を見て、「いい!すごくいいよ…!」と興奮する和子の姿や、ゆうたんが周に笑顔で詰め寄り、「この世界、甘くないからね」と告げる様子などが公開されている。

■第3話あらすじ

和子(吉川愛)と周(板垣李光人)は、キラ(桐山漣)とタレント・ゆうたん(永田崇人)の対談に立ち会う。かわいらしいファッションと不思議なキャラクターで人気になったゆうたんは、歌のお兄さんとして子供番組に出演していた。

「世界はカラフル うさぎさんも、ぞうさんも、みんな違ってマルー!!」と決めぜりふを言うゆうたん。そんなゆうたんの姿に、周も共感する。

対談後、周はキラのマネージャー・高林からスカウトされる。高林は以前から周の美貌に目を付け、芸能界に誘っていた。和子は大興奮するものの、周はあまり乗り気ではない。

ゆうたんが出演している子供番組にキラのゲスト出演が決まり、和子と(水野美紀)は収録の様子を取材に行く。子供の扱い方が分からないキラが子供たちを泣かせてしまい、現場は大混乱。子供たちは機嫌を損ねて、収録が止まってしまう。

スタッフが右往左往する中、周が子供たちを慰めて落ち着かせる。その様子を見ていた監督に気に入られた周は、キラに代わって番組に出演することに。かわいい衣装を着た周を見て、和子はまたもや大興奮する。

周は子供の心をつかんで、収録は順調に進む。そんな様子にゆうたんは嫉妬心を燃やす。