Seventeen専属モデルの久間田琳加が、6月5日(土)から放送開始となるオトナの土ドラ「#コールドゲーム」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)にレギュラー出演することが決定。マイナス45℃の氷河期に襲われた地球で生き抜くために“偽装”された家族の娘・木村陽菜を演じる。久間田が演じる陽菜は、頭脳明晰な高校生。誰よりも冷めており、常に一歩引いている天才肌という役どころだ。

主人公である前科2犯の天才詐欺師・木村祥子役を羽田美智子。木村家の父親をずんのやす、長男を結木滉星が演じる。マイナス45℃の氷河期に襲われた地球では、たどり着いた避難所はなぜか“家族”優先に運営されており、祥子が寄せ集めの”偽装家族”の母親となり、過酷な日々に立ち向かうストーリーとなっている。

■久間田琳加コメント
「#コールドゲーム」という題を聞いた時は、一体どんな内容なんだろう?と思ったのですが、台本を読んでみると、想像とは全く違う普通だったら考えつかないストーリーだったので、この世界観に入ることが楽しみになりました。今は考えられないけど、いつかこんな世界がくるのかも…と思いながら、続きが気になって仕方がなくなるようなストーリーで、台本を読み進める手が止まらなかったです。

昨年初めてドラマに出演させていただいたのですが、今回の陽菜役は、これまで私が演じた役とは全然テイストが違い、とても新鮮で、私にとっては挑戦となる作品です。普段と歩き方を変えてみたり、目線だったりを気をつけています。木村家と過ごしながら、陽菜がどうやって生きる理由を見つけていくのかという過程も、意識しながら撮影しています。

あとは、やすさんを蹴るシーン、プロレス技をかけるシーン、叩くシーンなどがたくさんあるのですが、やすさんがいつも優しく受け止めてくださって、「いいパンチでした!」と言ってくださるので、そんなシーンも楽しく演じさせていただいています。

主演の羽田さんは現場ですごく優しく接してくださいます。撮影が始まった頃はまだ寒くて、私が控え室にいる間、手足がかなり冷え込んでしまって。そうしたら羽田さんがバッグの中からカイロをだして、いろんな場所に貼ってくださって、「体調が悪くならないように」と、温めてくださいました。生姜がたっぷり入ったお茶をくださった時もあって、まだ撮影が始まって1週間も経っていなかったのですが、偽装だとしても家族を演じるのが楽しみになりました。

今までにない設定ですが、物語が進むに連れて、「こんな家族、良いな」と思っていただけるようなドラマになっていると思います。偽装家族がどんな最後を迎えるのか、そして、新しい私を観ていただけるように頑張っているので、どちらも楽しみにしていただけると嬉しいです。