大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手の妻で元レスリング世界女王の山本聖子が4月13日、オフィシャルブログを更新し、ダルビッシュ投手と今季初勝利を喜んだことを明かした。

現地時間4月12日、敵地でのピッツバーグ・パイレーツ戦に先発したダルビッシュ投手は、7回を95球、3安打1失点1四球6奪三振でパドレスが6対2で快勝し、今季3先発目でうれしい初白星が付いた。

聖子は試合後、「試合後の」と題してブログを更新すると、「やっと、やっと子供達寝かしつける時に寝落ちせずにいたので、試合後の主人とFaceTimeをゆっくりできました」と明かし、「今日は本当にうれしい」と勝利を喜んだ。

この数日間、「子供達とともに爆睡して、主人が寝た頃(いつもメッセージくれるので)起きてしまっていたので……(泣)。昨日なんて、夜中12時に起きて3時まで眠れず」という聖子は、「寝落ちは気持ちいいのですが、この数日は夜中に起きてしまっていたので、今日は寝たい時間まで起きようと決めてました」とつづりつつ、「何より、主人とゆっくりFaceTimeで話す時間(今はアウェイのため)を持てて、うれしかったです」と述べた。

最後に聖子は、「靴がパドレスカラーでかわいい」とダルビッシュ投手が投球する時の写真や、自身がパドレスの監督と同級生であることが判明したことを「勝手に親近感持っておきます」とコメントし、ブログを締めくくった。