昨年10月から活動をスタートさせた櫻坂46が、2枚目のシングル「BAN」をリリース。スピーディーなリズムに乗せ、彼女たちの力強い意志を歌い上げる1曲だ。今回は、尾関梨香、遠藤光莉、守屋麗奈にインタビュー!
■“時間はあんなにあったじゃないか”ってところが一番沁みました

――『BAN』を最初に聴いた時の印象は?

守屋麗奈:イントロを聴いたときからすごくカッコいい曲だなって。疾走感がすごい!

遠藤光莉:冒頭のギター音から胸を掴まれる感じ。1stシングルの『Nobodys’s fault』とちょっと似てる感じもあって、私は最初に聴いた瞬間から“あ、好き!”って思いました。こういう系統、好みなんです。

尾関梨香:個人的には、懐かしさを感じる雰囲気もあるなって。1stはどちらかというと欅坂46より明るくなった印象だったけど、今回は1stで作り上げた櫻坂らしさもありつつ、欅坂が得意としていたカッコよさも混ざってるなって。

守屋:歌詞もかなり刺さる内容で、いろんな人が共感できると思う。私は“時間はあんなにあったじゃないか”ってところが一番沁みました。時間はみんなに平等にあるものだけど、使い方次第で後悔したりもするから。

遠藤:確かにそこは自分たちに問いかけられてる気もするよね。改めて自分の時間の過ごし方を見直したいなって思いました。

尾関:私は最後の“どんな状況に追い込まれても 僕は絶対BANされるものか”が印象的。苦しいときとか、このフレーズをふと思い出したら何か気持ちが変わるんじゃないかなってね。ところで2人は“BAN”の意味って知ってた?

守屋・遠藤:知らなかったです。

守屋:私は最初、撃つほうかと(笑)。

遠藤:同じく(笑)。

尾関:私も今回で初めて“禁止”という意味を知ったんだけど、普段あまり使う機会がないからこそ強く耳に残ったよね。

――そんな“BAN”にちなんで、3人が、ダメだと思っていてもついやってしまうことを教えてください。

守屋:大好きなチョコレートをいっぱい食べちゃうこと。食べすぎはお肌にもよくないって思うんですけど、つい…(笑)。しかも結構甘めのやつが好きなんです。

尾関:私は二度寝。朝の時間を充実させたくて、出発時間まで余裕を持って起きようとするんですけど、どうしても“もうちょっとだけ、もうちょっと寝よう”って(笑)。

――そうしているうちに…?

尾関:時間がなくなっちゃう。そうすると洗濯する時間がなくなって、洗濯機のスイッチを入れても、終わる前に家を出なきゃいけなくなる。そういうピンチに何度か遭遇しています(笑)。

遠藤:私は、今回の歌詞にもあるんですけど、夜につい動画を見てしまうこと。明け方まで見て寝るのが遅くなっちゃうのは、あるあるだなーって思いました(笑)。

――どんな動画を見るんですか?

遠藤:和菓子を作っている職人さんの動画がすごく好きで。細かい作業を見るのが楽しくて、ずっとクギヅケになっています。1つ見たら次々に関連動画が出てくるので、全て見終わるまで止まらないですね(笑)。
■躍動感やスピード感も大切にしながらパフォーマンスしたから、そういうところも感じてもらえるとうれしいです

――MVのロケ地は、ユニークな構造をした兵庫県淡路島の複合施設・淡路夢舞台。参加した守屋さん、いかがでしたか?

守屋:圧巻のロケーションで、空気もおいしくて。撮影中はずっと楽しかったです。あと今回のMVは、メンバー一人ひとりが自分にテーマを課していて。私なら、いつものふわふわした印象とはまた違うギャップを見せようと思って取り組みました。

遠藤:確かに、いつもの麗奈ちゃんとはまた違うカッコいい姿を見た気がする。一人ひとりに裏コンセプトがあると思うと、もう1回そのへんに注目して見たくなるね。

尾関:一人ひとりの表情や目力もすごかった。アップで抜かれてるその後ろの子まで、強くて刺さるような表情をしているのが印象的だったな。

守屋:今回のMVとどう向き合うか…というのを一人ひとりが真剣に考えた結果なのかなと思います。撮影秘話としては、後半の水を使ったパフォーマンスがとにかく寒くて大変で。水を含んだ衣装で激しく踊ってたら全身筋肉痛みたいになっちゃった(笑)。カイロで暖まって湿布で冷やして…っていう、よく分からない状況も面白かったです(笑)。

――今回のダンスも相当激しいですよね。

守屋:そうなんです。私、普段からダンスの覚えがそんなによくなくて。振り入れをしてMVの本番まであまり時間がなかったんですけど、その中でもどんどん上を目指して磨いていかなきゃいけないっていうところに苦労しました。特に大変だったのは間奏。音が速いぶん気が焦ってしまって、振りが体に全然しみ込まなくて。努力が足りないなって自分を責めたりしてました(笑)。

遠藤:でも完成を見て、衣装とダンスの相性がすごくいいなと思った。衣装の重みもあるのに、それを感じさせないようなダンスの踊り方がすごいなって。

守屋:シンプルな色合いから、だんだん鮮やかに色づいていく――。それは、櫻坂がこれから何色にも染まれるっていうのを表現してて、白い袖のフリルが広がっている衣装は、“誰かを救う”という願いが込められているんです。みんなの息の合ったダンスはもちろん、躍動感やスピード感も大切にしながらパフォーマンスしたから、そういうところも感じてもらえるとうれしいです。

尾関;初めから終わりまで1回も失速することなく、本当にビューッと走り切るようなMVだなって。この映像も合わせて見てもらうことで、より歌詞のメッセージが刺さるんじゃないかなと思います。

■この多彩なシングルを機に、櫻坂46も今よりもっと前に進んでいけたらいいなと思います
――カップリングも、新たな挑戦の曲から思い出深いナンバーまで名曲がズラリ。それぞれ紹介をお願いできますか?

尾関:『偶然の答え』は恋愛がテーマで、きれいな音色の中に少しの寂しさもあり…。私のすごく好きな感じだったんです。

――“偶然”や“奇跡”をモチーフにした歌詞も、深いですよね。

尾関:はい。日々の中で感じるちょっとした偶然や、たまたま起こる奇跡って、本当にすごいことなんだよって。(藤吉)夏鈴ちゃんが主人公のMVも、見れば見るほど新たな受け取り方ができると思うので、注目してほしいです。夏鈴ちゃんの後ろで全員が駅のホーム踊っているところは、いろんな気持ちを抱えた主人公を支えるようにみんながバックにいて。何か失敗したとしても、こうやって支えてくれる仲間がいるんだよっていうのを表現しました。

遠藤:『思ったよりも寂しくない』は、仲間を想って“一人じゃないよ”っていうのをストレートに伝えている歌詞。私も共感する部分が多かったです。そういう内容なので、MVのときは実際にみんなでたくさんコミュニケーションを取ったし、滑走路を舞台にしたスケールの大きいMVも、“私たちだけの世界”という感じで楽しみながら撮影しました。明るい雰囲気とか、仲間同士の楽しい感じが伝わったらいいなと思います。

――『思ったよりも寂しくない』のMVは、ショートフィルムのような圧巻のクオリティーと豪華さでビックリしました。

遠藤:私たちもあのセットに入ったときは驚きました。まず滑走路を貸し切っていることがすごいし、いろんな場所から集めてきたものでバリケードを作って。異世界のような空間で、外の世界を知らず、その中だけで生きている私たち…みたいな錯覚を覚えました。

守屋:『君と僕と洗濯物』は、甘酸っぱくて初々しい恋愛の歌。男の子目線の歌詞で、ドギマギする様子が本当にかわいいなって思います。情景がすごく浮かびやすくて、何度も“分かる、分かる”って思いながら聴いちゃいます。

遠藤:同じ恋愛ソングでもまたアプローチが違うのが『それが愛なのね』。わりと強気な主人公で、ダメなダメ相手だけどつい惹かれてしまう…みたいな感じなのかなって。曲調も今までにない大人っぽい感じになっています。

尾関:『Microscope』も、歌詞が初めて挑戦するような独特な感じ。相手をもっと知りたい、覗きたいという気持ちを“顕微鏡”とか“プレパラート”というワードで表現していて、レコーディングはちょっと不思議な感じがしました(笑)。

――さらに必聴は、通常盤のみ収録の「櫻坂の詩」。櫻坂46としての初ライブパフォーマンス(無観客)でお披露目した、メンバーにとっても大切な1曲ですよね。

尾関:その日のライブのために秋元(康)先生が書き下ろしてくださって。早くファンの方とライブでペンライトを持って歌いたいなと思うし、歌うたびにきっといろんな思い出が詰まっていく曲になると思います。

遠藤:なかなか会えないこのご時世だからこそ、ファンの方とメンバーをつなぐ曲になってほしいです。歌い出しの“当たり前だと思ってた普通の日々が 当たり前なんかじゃなかったなんて…”というフレーズがすごく共感します。直接会ってライブをしたり、握手会もできない今の状況で気持ちが下がってしまうこともあるけれど、この歌詞が寄り添ってくれるような気持ちになります。

守屋;心がじんわり温かくなって、自然と満たされていくような歌詞。“桜”がモチーフとして出てきて、私たちのグループ名にも、春という季節にもピッタリ。

尾関:早くこれをファンの方と一緒に歌える日が来たらいいよね。そして、この多彩なシングルを機に、櫻坂46も今よりもっと前に進んでいけたらいいなと思います。

尾関梨香=1997年10月7日生まれ、神奈川県出身。遠藤光莉=1999年4月17日生まれ、神奈川県出身。守屋麗奈=2000年1月2日生まれ、東京都出身。