ザック・スナイダーが監督・脚本・製作を務める映画「アーミー・オブ・ザ・デッド」が5月21日よりNetflixで独占配信。クセ者ぞろいの傭兵集団と、インパクト抜群の最強ゾンビ軍団が壮絶なバトルを繰り広げる予告編が解禁。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで人気キャラクター“ドラックス”を演じたデイヴ・バウティスタ、日本を代表する国際派俳優の真田広之、エラ・パーネルら豪華キャストが揃った本作は、前日譚の物語が描かれる映画作品と、アニメシリーズの製作も進行中の壮大なゾンビ・プロジェクト。

■ストーリー
ある日突如ゾンビが大量発生、多くの犠牲を払いながらも、ラスベガスにゾンビを隔離することに成功した人類。ゾンビとの死闘の後、静かに暮らしていた主人公スコット(デイヴ・バウティスタ)は、謎の男(真田広之)の依頼によって、ラスベガス地下の巨大金庫に眠る大金を狙うべく、ゾンビだらけの超危険エリアへ侵入するという「史上最大の強盗計画」に挑むことになる。
凄腕のクセ者たちを集めたスコットたち傭兵集団は、ラスベガスを埋め尽くすゾンビ軍団を相手に、究極の一攫千金を狙う。

■ゾンビ映画の常識を覆す最強ゾンビ
予告編ではこれまでのゾンビ映画のゆっくりとしたゾンビのイメージを覆す機敏な動きを見せるゾンビが傭兵と対等に渡り合う格闘シーンが映し出される。
さらに、ゾンビ軍団を統率して率いる、屈強な肉体と高い知能を併せ持った“ゼウス”と呼ばれるゾンビの首領や、奇抜な見た目をした“クイーン”、そしてゾンビと化したトラの“ゾンビタイガー”など、インパクト抜群の進化型ゾンビも続々登場。

また、現在制作中の前日譚映画は監督・主演を本編にも登場するマティアス・シュヴァイクホファーが務める。