佐藤浩市が小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(2022年放送開始予定、NHK総合ほか)へ出演することが発表された。三谷幸喜が脚本を務める同ドラマは、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。

佐藤は、今回が4回目の大河ドラマ出演。上総・下総に領地を持つ豪族で、源頼朝(大泉洋)の挙兵に応じた“坂東(関東)の巨頭”上総広常を演じる。これまで数々の“三谷作品”へ出演してきた佐藤は、三谷への印象を「書くのが速い方ではないのに、何故また長い長い大河を引き受けたのか不思議でならない(笑)。やっぱり時代の節目を描くことがお好きなのではないでしょうか。歴史の転換点にいた人物たちが、そこでどう抗って、どう時代を切り開いたのか、というロマンを見事に描く方だと思います」と語った。

また、今回の第二次出演者発表は、4月9日に三谷による出演者の似顔絵が公開され、SNSでは、その“絶妙”な似顔絵に「誰だか全然分からない似顔絵…」や「発表楽しみにしています!」といったコメントが多く寄せられていた。“主人公・北条義時の初恋の人”にして、源頼朝にも愛された八重を新垣結衣が演じることが発表されており、この後、平清盛に幽閉されて院政を停止され、源頼朝に助けを求める“日本一の大天狗”後白河法皇も発表される。

これまで、「鎌倉殿の13人」へは源義経役に菅田将暉、宮沢りえ、山本耕史らの出演が発表されており、今回の第二次出演者発表へも期待が高まっている。

■佐藤浩市コメント全文

――演じる上総広常の印象や「鎌倉殿の13人」出演への意気込みはいかがでしょうか

房総半島の豪族・上総広常といっても、ピンとくる方は多くないでしょう。私自身もそうでした。当時、それぞれの地で彼らのおかれていた立場、関東の豪族たちのヒエラルキーなど、そこにある面白さや悲哀をうまく見せられたらと思っています。

特に今回は三谷さんが書かれているので、上総についても一筋縄ではいかない人物を書いてくれるはずです。大河ドラマへの出演は「新選組!」(2004年)以来ですから、そのときに演じた芹沢鴨以上に魅力的な役にできるように腐心させていただきます。

――大河ドラマへの印象は?

やはりなんといっても大河は長いドラマです。描く年月が長いだけに、多岐にわたる大勢の登場人物が出る。扇の要に主人公がいて、それを取り囲む個性的な人物たちと彩ってきた歴史を楽しめる。そこが大河の魅力だと思います。また、収録期間も長いです。才能ある役者たちがそれだけの時間を共にすると、必ず「どこか」に行きつく。それも楽しみです。

――三谷幸喜さんの作品への印象は?

書くのが速い方ではないのに、何故また長い長い大河を引き受けたのか不思議でならない(笑)。やっぱり時代の節目を描くことがお好きなのではないでしょうか。歴史の転換点にいた人物たちが、そこでどう抗って、どう時代を切り開いたのか、というロマンを見事に描く方だと思います。