杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。4月15日放送の第94回では、終戦から3年、やっと満州から帰ってきた寛治(前田旺志郎)が千代の弟・ヨシヲ(倉悠貴)の消息をもたらした。寛治の記憶の中のヨシヲに、視聴者から感動の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)


■「姉やんが待ってる。行け!」

第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」(第91〜95回/4月12〜16日)では、千代(杉咲)たちの新たな劇団「鶴亀新喜劇」の草創期が描かれている。劇団が始動し始めたある日、寛治がひょっこり帰ってきた。

初めは、満州でのことについて一切話そうとしなかった寛治。そんな寛治がポケットから取り出したのは、かつて千代がヨシヲに渡したはずのビー玉だった。寛治はぽつりぽつりと話し始めた。

満州で寛治が博打に負けて絡まれているところを救ってくれたのが、歓楽街で飲み屋さんの店長をしていたヨシヲだったという。

大阪からやってきた寛治から、「あの、ええ女優さん、今どないしてる?」と千代について聞きたがったヨシヲ。寛治が千代についてよく知っていると話すと嬉しそうな表情を浮かべ、寛治が「仕送りも女と博打にみんな使てしもた。もう千代さんに合わせる顔あらへん」とうなだれると「そないなこと気にせえへんって、あの女優さんは!」と笑顔を見せた。

そのヨシヲは終戦前夜、寛治に終戦が近いことをこっそり教え、「お前はすぐに行け。絶対日本に帰るんや」と寛治にビー玉を託した。寛治が「ヨシヲさんですか?」と聞くと、「心配いらん。姉やんやったら『あほやなぁ』言うて、お前のこと許してくれる。あんだけひどいことした俺のことさえ、許してくれたんさけ。生きて帰るんや。姉やんが待ってる。行け!」と送り出した。

その後、寛治は収容所を経て、帰国。途中、ヨシヲが人を助けようとして銃弾に倒れたと聞いたという。話を聞いた千代は「おおきに寛治。ヨシヲとの約束守ってくれて。生きて帰ってくれて…おおきに」と涙を流した。

■ヨシヲ役・倉悠貴に「これからも注目したい」の声

ヨシヲは、第12週「たった一人の弟なんや」で登場した。幼い頃生き別れて長らく消息不明だったが、再び千代の前に姿を見せた時には入れ墨を入れ、悪い仲間のため働いていた。

仲間にそそのかされて芝居小屋に火をつけようとするなど、千代たちに迷惑をかけたヨシヲ。千代はそれでもヨシヲを許そうとしたが、ヨシヲは悪い仲間との縁を切ることができず、千代のもとを去った。

そんなヨシヲの背中を、千代は目に涙をためながら見送った。そしてその時、ヨシヲに母の形見のガラス玉を渡し「今度はあんたが守ってもらう番や。そのかわり、いつか必ず返しにくんのやで、約束な?」と託したのだった。

寛治の話からは、ヨシヲが心を入れ替え、人のために生きていたことがうかがえる。千代の活躍を嬉しそうに聞くヨシヲの笑顔や、その後の消息が描かれると、視聴者からは「ヨシヲ……!」「生きてて、って思ったのに…言葉が出ない」「寛治を生きて帰してくれて、ありがとう」「姉やんについて聞くヨシヲの嬉しそうな顔に涙腺崩壊」「ヨシヲの『姉やん』って言葉聞くだけで泣けてくる」といった感動の声が上がった。

ヨシヲを演じた倉にも「素晴らしい演技でした!ありがとう」「倉悠貴さん、これからも注目したい」の声が集まり、Twitterで「#おちょやん」がトレンド上位に浮上するなど反響を呼んだ。


4月16日(金)は、第95回を放送する。
寛治も鶴亀新喜劇に参加することになり、それを機に千代もヨシヲのことを団員に語り始める。死んだ仲間の分まで生きて、道頓堀の喜劇でたくさんの人を笑わそうと決意する団員たち。そんな中、千之助(星田英利)は今回の旗上げ公演の主役は自分でなく、千代にすると言い出す。