Snow Manの岩本照、渡辺翔太、宮舘涼太が4月15日放送の「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)に出演。3人の言動に、視聴者から反響が寄せられた。この番組は芸能人、一般人に対して驚きのシチュエーションを用意し、その状況下で人がどんな行動に出るのかを観察するもの。

今回は「もしもショットガンタッチが落とし穴だったら」というもので、通常はボタンを押すとボールが落下するシステムのところを、ボタンを押すと床が開き落とし穴に落ちるという仕掛けがされている。スポーツ番組の収録だといわれてきたSnow Manの3人は、まずはリーダー・岩本がこれに挑戦。「SASUKE」にも出場し抜群の運動神経を誇る岩本は難なくボールをキャッチし成功。落とし穴も発動しなかったが、これは番組が嘘だと見破られないために仕掛けたワナ。

続く渡辺がボタンにタッチした瞬間、渡辺のいる床と、応援席の宮舘の床が2つ同時に抜け2人は落とし穴に落下!何も知らなかった岩本もそれを見て目を真ん丸にしてびっくり。

実は、渡辺と宮舘は「生まれた病院が一緒」「幼稚園も一緒」「高校、大学も一緒」、そしてジャニーズ事務所で同じSnow Manメンバーとしてデビューという、“人生の大半を共に過ごしてきた仲”。「一緒に落ちていただきました」と、番組スタッフが言うと、2人同時に「えっ!?」と驚くというシンクロぶりを見せる。

宮舘が穴に落ちたまま「翔太! ボール、キャッチした?」と聞くと、渡辺が「いや、気づいたら粉まみれになってた」と返すといったやり取りも。さらに「信じられない」と言う声もぴったりハモり、モニターを見ていたスタジオゲストたちは「すごいわ〜」と感心。河北麻友子からは「仲良しですね、ホントに…」と言われていた。

さらに、落とし穴から助け出された渡辺と宮舘に番組スタッフは、「(押すか押さないかは)お任せしますけど…」と言いながら、一人だけ穴に落ちていない岩本が立っている床が落ちるボタンを手渡す。しかし、これも渡辺&宮舘に仕掛けられたワナで、実際はボタンを押すと岩本ではなく、渡辺と宮舘の方の床が落ちるというもの。

この企みはこっそり岩本には知らされるが、岩本は何食わぬ顔で「2人いくんだったら(落ちるんだったら)、3人いこうよって思いました」とインタビューに答える。それを聞いて何度もうなずく宮舘。そして岩本が締めのコールをすると、それを合図に渡辺&宮舘はためらいなくボタンをプッシュ。するとその瞬間、2人の立っていた床が抜け、渡辺&宮舘は再び落とし穴に!

岩本はおかしすぎて床に崩れ落ち「お腹痛い…(笑)」と言うのがやっと。ようやく気を取り直して、落とし穴まで行き「おい!お前らボタン押したなぁ!?」と叫ぶと、宮舘は大爆笑。渡辺が粉まみれの顔で「モニタリングのせいでメンバーの仲悪くなりそうですね」と言うと、岩本も大笑いしていた。

SNSでは、「ゆり組(渡辺&宮舘)、尊い!」「ハモっちゃうのさすが!」「ゆり組ジャスティス!」「舘様がしょっぴー(渡辺)に言った“やっぱ俺たちつながってんな”ってセリフ、何回でもリピートできる」「エモエモのエモだった!」といった渡辺&宮舘の幼なじみならではの関係性への声が続々。

また、「ニッコニコの可愛いひーくん(岩本)が見れて大満足」「最後嬉しそうに爆笑してるひーくん、カッコいいのに可愛すぎて辛い」「落ちるなら3人って言うひーくん優しいしそこでボタン押す2人も最高 総じてSnow Man最高!」「永久保存版の尊い回だった」などの声もたくさん寄せられていた。

Snow Manは現在、主演を務める舞台「滝沢歌舞伎ZERO 2021」が上演中。また、映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」のDVD・Blu-rayが発売中である。さらに、冠番組「それSnow Manにやらせて下さい」(毎週日曜昼1:00-1:30、TBS)もスタート。第2回目となる4月18日(日)は声優・梶裕貴と即興アフレコ対決が行われる。