4月19日(月)放送の「ネプリーグ」(毎週月曜夜7:00-8:00、フジテレビ系)では、“ベテラン芸人チーム”と“新世代芸人チーム”が対決。“ベテラン芸人チーム”としてネプチューン、児嶋一哉(アンジャッシュ)、チョコレートプラネット、“新世代芸人チーム”としてぺこぱ、ぼる塾が参戦する。

1stステージは、あらゆる分野から出題される1〜4文字の穴埋めクイズに解答するゲーム「ネプレール」。“新世代芸人チーム”のぼる塾は「ネプリーグ」初出演。きりやはるかからは「ひらがなは書けます〜」と序盤から心配になる発言が飛び出す。

2ndステージは、常識的な日本語漢字を読み書きを答えるゲーム「日本語ツアーズバギー」。“ベテラン芸人チーム”トップバッターのチョコレートプラネット・松尾駿は「やらせてください僕に!」と気合十分に、得意のIKKOのモノマネで漢字を答えていく。対する“新世代芸人チーム”トップバッターのぼる塾・あんりは「小説をよく読むので漢字には自信がある」と意気込みを見せる。

3rdステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答えるゲーム「ハイパーボンバー」。“新世代芸人チーム”のシュウペイは「ネプリーグはここからですよ!」と最終ステージで高得点を目指すが、天然キャラのきりやが珍解答を連発し、相手チームのチョコプラも大笑い。だが、“ベテラン芸人チーム”の児嶋も漢字問題でパニックになってしまう。