「CY8ER」の元メンバー兼プロデューサーで、2021年1月の解散ライブでアイドル引退を発表した苺りなはむが、プロデュースを手掛ける新グループ(名称未定)が発足する。グループのメンバーとして、元BiS/CARRY LOOSEのパンルナリーフィが決定。いま新たにアイドルグループを結成することになった経緯、今後の夢、開催される新メンバーオーディションの応募者への思いについてパンルナリーフィが語った。

■グループ解散を経て考えたこと「“アイドルを続ける”という選択肢しかなかった」

――グループの解散を経て、今後のことを考える期間があったと思いますが、その時はどういう気持ちで過ごしていましたか?

(CARRY LOOSEが)解散してから1ヶ月ぐらい、事務所をやめるかどうかを考えた期間があって。考えた結果、事務所を退所したんですけど、その後も自分が本当にやりたいことは何なのかを考えていたら、やっぱりアイドルという職業が好きだという気持ちが大きくなっていって、“アイドルを続ける”という選択肢しかありませんでした。

でも、一つの事務所にしかいたことがなくて、オーディションも1回しか受けたことがなかったので、あてもなくてどうしよう?って思っていたんです。このご時世、オーディション自体も少なかったですし、「ここだ!」と思えるところもなくて。

私は解散を2度経験しているんですけど、どちらも“最上級まで行って解散する”という、応援してくれる人たちに幸せな気持ちを届けることができませんでした。その人たちを幸せにするというのが私の人生における夢の一つなので、果たせなかったことがすごく悔して。解散した後、私が何かすることでその人たちをより不安にさせてしまうこともあると思うんです。応援してくれる人が喜んでくれること、そして私自身がやりたいこと、それを慎重に考えていました。

■改名の経緯「心機一転」

――ちなみに、新しく活動を始めるにあたって名前はどうなりますか?

“パン・ルナリーフィ”から中黒(・)を取って“パンルナリーフィ”になります。“・”がついているカタカナの名前にアイデンティティがあるメンバーがたくさんいる事務所だったので、退所した私は心機一転、パワーアップの意味も込めて中黒外しを(笑)。

――プロデューサー・苺りなはむさんはどんな存在ですか?

私がもともと所属していたBiSの大先輩で、直接関わったことはなかったんですけど、インタビュー記事を読んだりして、「自分と同じような気持ちを持ってる人だな」って。勝手に決めつけちゃいけないんですけど(笑)。

BiSとして活動されて日本武道館を目指しながらもそこに立てなかった。でも、CY8ERという新しい場所を作って、最後は日本武道館でのライブを達成する。私がやりたいことというか、目指すところの先にいる方です。憧れですね。

■叶えられなかった日本武道館でのライブ「人生で一番の願いなんです」

――そんなりなはむさんと一緒に理想のグループを作っていくわけですが、どんなグループにしたいですか?

今、活動をするための準備をしていて感じるのが、プロデューサーさんやスタッフさんとの距離がすごく近いっていうこと。何でも頼れるような近さなんです。ファンの方とも同じチームになって、同じ目標を掲げられるような熱量を持ったグループにしたいですね。

――「日本武道館に立つこと」が目標とのことですが、そう考えるようになったのはなぜですか?

私は以前、第2期BiSに所属していました。第1期BiSは日本武道館に立てなくて横浜アリーナが最後だったんですけど、ずっと第1期と比べられて、「BiSは第1期が最高」だと言われ続けてきました。それがコンプレックスでもあり、燃える力にもなっていて、「私たち第2期は武道館に立たないと第1期を超えることはできない」という気持ちで活動していました。

結果的に第2期も日本武道館に立てず、その後、新しいグループ(CARRY LOOSE)として活動しましたけど、そこでも日本武道館の夢は叶えられずに終わったので、日本武道館でのライブは私にとって人生で一番の願いなんです。

■オーディション応募者にエール「世界が変わるかもしれませんよ!」

――パンルナさんはオーディション経験者ですが、当時どんな気持ちで受けたのか聞かせてください。

私は公開オーディションでした。友達にバレたらマズい!みたいな気持ちもあって、応募する気持ちは10%ぐらいだったんですけど、期限ギリギリに「行け!」って感じで応募しました(笑)。

オーディション会場にはかわいい子がたくさんいて、これはヤバイ!と思いましたけど、勇気を出して良かったと思っています。今回のオーディションでも、見た目とか自分に自信がなくても勇気を振り絞って応募して欲しいです。

――最後に、オーディションの応募がスタートしますので、受けようと思っている人たちにメッセージをお願いします。

一番大事なのはあなたの“気持ち”です。何か一つでも叶えたいことがあったり、コンプレックスがあったら、それは強みになれる部分だと思います。最初の一歩を踏み出すのは大変だと思いますけど、チャンスは二度と来ないかもしれません。このオーディション開催を知ったことが人生におけるチャンスポイントなので、素晴らしい運命だと思ってぜひ受けてもらいたいですね。

アイドル経験者は歌やダンスの経験もあって、それが自信になっていると思います。アイドル活動をやったことのない子は不安に思うかもしれないですけど、初めての子の“がむしゃらさ”だったり、キラキラした感じはすごく素敵だと思います。本当に世界が変わるかもしれませんよ!


取材・文=田中隆信