毎週ゲストと酒の席で盛り上がるトークを繰り広げる「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)。4月16日は、アンタッチャブル・山崎弘也のトレードマークである白シャツ、白ネクタイという衣装の由来が明かされた。

■有田哲平のアドバイスだった
松本人志が「ザキヤマのあれ(衣装)は何から来てるの?」と山崎に問いただすと、アンタッチャブル・柴田英嗣も「めちゃくちゃ突然でした、あれ。俺も知らなかったんです」と同調。

それに対して、山崎は「あれ元々くりぃむしちゅーの有田哲平さんに、あまりにもお金がない時期に相談してたんですね。カジュアルな服って、次またこれできたら『またそれだな』って、2回着てるなって言われちゃうんですよ。フォーマルな服って『そういうの(スタイル)なのね』ってなるから、フォーマルで一つに決めた方がいいって」とアドバイスを受けたことを明かした。

続けて「お前は賑やかな男だと。賑やかなのって何だって言ったら、やっぱり結婚式の2次会だろと。2次会にいるようなやつは陽気でハッピーでみたいな。それで、ネクタイは白にして。それを柴田さんに相談せずに決めちゃった」と経緯を語った。

■「ある日突然、冠婚葬祭が登場してきちゃった」
すると、柴田は「ある日突然、漫才のステージに立ったら、冠婚葬祭が登場してきちゃった」と当時を振り返り、スタジオは爆笑。

また、山崎は「番組から『カジュアルでお願いします』って言われたら、カジュアルなのを用意していただきますけど、基本は白シャツ、白ネクタイ、黒いパンツをスタイリストさんが持って来るという。3種類の白いワイシャツがあって、気分によって『今日はこの白かな』とか」と説明していた。次回の「人志松本の酒のツマミになる話」は4月23日(金)放送予定。