4月17日放送の「1億3000万人のSHOWチャンネル」(日本テレビ系) では、ゲストに菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀が登場。3人の関係性や、菅田の髪型遍歴などを明かした。

同世代の菅田、神木、仲野の3人は、ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系)で共演中。菅田は本作で初共演となる神木に対して、距離感が近いと訴える。「最初からの距離の近づけ方がすごい」と言い、いきなり自分を“隆(りゅう)”と呼んでほしいと言うと、菅田のことも“将暉”と呼んでいるが、菅田自身は「まだ“隆”って呼べていない」と打ち明ける。

■菅田将暉の髪型遍歴

一方、神木、仲野は菅田の自宅の部屋が汚いと訴える。神木は顔合わせをリモートで行った際に、自宅から参加した菅田の家が「スゲエ散らかってる」と暴露。菅田とは学生時代からの10年来の付き合いになるという仲野も、これまで菅田が引っ越しを何度かして、いくつかの部屋を見ているが「すべて部屋が汚いです」と話す。すると櫻井翔は、まだ実家に住んでいる頃、相葉雅紀を自宅に招いた際、散らかり過ぎていて、足で物をどかしながら「通路を作った」と自らも部屋が汚いことを告白した。

そんな中、菅田は、昨年、役柄のためにきついパーマをかけたこともあり、「(髪の毛の)ダメージがひどすぎる」と悩みを打ち明け、髪の手入れをしたいと話す。そこで、これまでの菅田の髪型遍歴が紹介される。菅田が気に入っていた髪型として、2016年頃にしていた赤のカラーや、2018年頃にしていたウルフカットなどを挙げると、櫻井は「似合う人が限られる」と感心する。

■櫻井翔“ギャル男時代”

さらにここで櫻井の髪型遍歴も紹介。2001年に“ギャル男時代”とタイトルをつけられた、短髪の金髪に、真っ黒に日焼けをした写真が出される。菅田が、当時何があったかを尋ねると、櫻井は「本当に暇だった」と言い、プライベートで「ただギャル男だった」と打ち明ける。菅田が当時の櫻井に「会いたかった」と言うと、櫻井も「あのまま『(news)ZERO』出てみたくない?」と調子に乗る。すると小峠英二(バイキング)から「仕事がゼロになるよ」とツッコまれていた。

SNSでは「見る度に髪型違う菅田将暉」「翔ちゃんの髪型遍歴どの時代もカワイイ」「菅田将暉の部屋汚いとか愛おし過ぎない?」「菅田将暉と隆くんのやり取り尊い!」など、菅田と櫻井の髪型に対するコメントや、菅田と神木のやり取りに対するコメントが多く見られた。

次回の「1億3000万人のSHOWチャンネル」は4月24日(土)夜9:00より放送予定。ゲストにイモトアヤコが登場する。