石原さとみと綾野剛がW主演を務めるドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第2話が、4月21日(水)に放送となる。

本作は、住む世界がまるで違う二人が“巨大マリンリゾートの開発”で出会い、運命的な恋に落ちるというラブコメディー。石原は、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(なぎさ・みお)を、綾野はロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(はすだ・りんたろう)を演じる。

海音とともに芝浦海洋大学・海洋学術センター・鴨居研究室で働く特任研究員の宮前藍花を今田美桜が演じる。そんな鴨居研究室の教授で、海音の父親的存在である鴨居正を橋本じゅんが、「蓮田トラスト」の専務取締役であり、倫太郎(綾野剛)と対立する厳しい長男・光太郎役を大谷亮平が、兄二人の関係を取り持つお茶目な三男・榮太郎役を渡邊圭祐がそれぞれ演じる。

■第2話あらすじ

スキューバ中の事故で溺れた倫太郎(綾野剛)を助けた海音(石原さとみ)。翌日、会社で顔を合わせた二人の間には気まずい空気が流れる。そんな中、蓮田トラストのリゾート開発本部は、世界的に有名な一流ホテルを誘致するため、CEO・デイヴィッド(小手伸也)の説得に動き出す。

なかなかOKを出さないデイヴィッドだったが、海中展望タワーに興味を示し、倫太郎に期待をかける。それを見た海音はなんとか阻止しようと、とある作戦に出ることに。そんな海音に光太郎(大谷亮平)は手を貸す。

その頃、突然鴨居研究室を訪れる榮太郎(渡邊圭祐)。藍花(今田美桜)は、榮太郎からリゾート開発本部と研究室の交流会を提案されていた。

海で助けてくれたお礼を海音に伝えようとする倫太郎だったが、なかなか上手く切り出せない。一方、海音も、倫太郎から時折見える不器用で優しい素顔が少しずつ気になり始めて…という物語が描かれる。