4月21日(水)放送のアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」(毎週水曜昼5:55-6:25ほか、テレビ東京系ほか)の第15話「宿命の兄弟」のあらすじと先行場面カットが解禁された。

「七つの大罪 憤怒の審判」は、鈴木央による少年漫画が原作。魔物がはびこる古の時代を舞台に、“七つの大罪”の団長・メリオダスとその仲間たちの戦いを描いたヒロイックファンタジーのテレビアニメ第4期。

7月2日(金)には、原作者・鈴木央描き下ろしとなる「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」の公開も決定している。
■第15話「宿命の兄弟」あらすじ
魔界の門に踏み入ろうとするメリオダス(CV:梶裕貴)とエリザベス(CV:雨宮天)。だが、突如落下した巨石によって、エリザベスは死の危険に脅かされる。

間一髪、マーリン(CV:坂本真綾)によって救われるも、消失したはずのエリザベスの“永劫の輪廻”が復活していることが判明。
それはまた、もう一つの事実を“七つの大罪”に突きつける。

魔神王は、まだ生きている──。

魔神王を蘇らせるには、何者かを依り代にしなければならない。それだけの魔力を受け止められる存在に、メリオダスは心当たりがあった。

キャメロット跡地の荒野で、いかにして魔神王は復活を果たしたのか?