杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。4月20日放送の第97回では、一平(成田凌)の不貞にショックの千代(杉咲)に、さらなる追い打ちをかける衝撃展開。視聴者に衝撃を与えた。(以下、ネタバレがあります)


第20週「何でうちやあれへんの?」(第96〜100回/4月19〜23日)では、灯子をめぐり鶴亀新喜劇を揺るがす問題が巻き起こっていく。

灯子(小西はる)との関係を自ら認めた一平。傷つき、悲しみ、劇団の稽古にも集中できない千代だが、みつえ(東野絢香)やシズ(篠原涼子)、鶴亀の大山社長(中村鴈治郎)の気遣いもあり、徐々に元気を取り戻しつつあった。

たった一度きりの間違い。そう自分を納得させ、一平を連れて灯子の自宅に謝りに向かった千代に、さらなる過酷な展開が待ち受けていた。灯子の家から出てきた医者に「やや子ができた」と知らされたのだ。

■「お願い!幸せになって!」祈る声も

事実、千代のモデルである浪花千栄子は、夫で「松竹新喜劇」の仲間でもあった2代目渋谷天外と離婚している。離婚の理由は、夫と新人女優の間に子どもができたことだった。

実際にモデルとなった人物に起こった出来事とはいえ、これまでもさんざん苦労してきた千代に追い打ちをかけるような展開に、視聴者からも「この展開はまさか過ぎる…」「千代ちゃんの気持ちを考えるとつらい」「一平なんてことしてくれたんや!!」と、驚きや千代に寄り添う声が続出した。Twitterでは「#おちょやん」がトレンド1位に、Yahoo!検索ランキングでは「ややこ」がトレンドトップ10になるなど、その反響は大きい。

続く「あさイチ」では、MC3人が「(浮気が発覚した)昨日を超えてきましたね」と絶句。博多大吉が「皆さんにお伝えしたいのは、まだ火曜日だということです」とツッコんで和ませると、「まだ火曜日」もYahoo!検索ランキングトップ5圏内まで浮上した。

灯子に子どもができたことで、問題は夫婦と灯子だけのものではなくなってしまった。ともに父親の愛情を感じられず育った過去を持つ千代と一平は、生まれてくる子の幸せを誰よりも願うに違いない。それが自分自身の幸せと相反するものだったとしても…。重苦しい展開が続く中、視聴者からも「この展開、どうにかならないんだろうか…まだ祈ってる」「千代ちゃん、良い人はもうやめて!お願い!幸せになって!」と悲痛な声が寄せられている。

4月21日(水)は第98回を放送する。灯子の家の前で知った妊娠の事実に言葉を失った千代。一平は家を出て、千代はふさぎ込む。そんな千代のため、劇団の仲間・香里(松本妃代)が見舞いを持って現れる。