5月9日(日)に、お笑いのあらゆるジャンルのNO.1を決める大会をオムニバス形式で見せる、新たな総合バラエティー「お笑いオムニバスGP(グランプリ)」(夜7:00-9:54、フジテレビ系)の放送が決定した。2015年よりスタートした「ENGEIグランドスラム」以来、フジテレビの大型お笑い特番の始動はおよそ6年ぶりとなる。

特番第1弾となる今回は、あまたの芸人がジャンル不問のネタを次々と披露する「バク速ー1GP」、ドッキリを仕掛けられた芸人たちが“ツッコミ力”を競い合う「ドッキリツッコミGP」、「とんねるずのみなさんのおかげでした」で行われていた企画のアップデート版「2億4千万のものまねメドレーGP」の3大企画を行う。総合MCを川島明(麒麟)と白石麻衣が務めるほか、“お笑い見届け人”として千鳥の大悟&ノブも参戦。

■総勢46組の芸人が、ジャンル不問の“爆速ネタ”を次々と披露「バク速−1GP」

エンターテインメントの世界では今、TikTokやYouTubeなど、短時間で楽しめるコンテンツが受け入れられる時代。「バク速ー1GP」は、そんな時代の潮流に合わせて、次々と披露されるネタの嵐に視聴者が延々と笑い続けてしまう“GP”を目指す新企画。

特設ステージに、ベテランから若手まで全46組の実力派芸人が代わる代わる登場し、コント、漫才、ギャグ、一発芸などなど、さまざまなジャンルのネタを披露していく。面白ければ何度も登場できる「おかわりシステム」も採用されている。

■ツッコミ名人たちが匠の技を競い合う「ドッキリツッコミGP」

ドッキリ番組「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」のパッケージで行う新企画「ツッコミ芸人が本気でツッコんだ!ドッキリツッコミGP」が開幕。

切れ味鋭いツッコミに定評のあるカンニング竹山、シソンヌ・長谷川忍、ミキ・昴生、おいでやす小田の芸人4名に、数日間にわたって次々とドッキリを仕掛け、彼らが「いかに的確に、いかに面白いツッコミを繰り出すことができるか?」を競い合う。

仕掛けるドッキリは、「テレビ局の中にいると…!?」「東京ドイツ村での番組のロケだと思ったら…!?」など。これらのドッキリに対する芸人たちのツッコミぶりを、川島、白石、大悟、ノブの4人がスタジオでモニタリングし、優勝者を決定する。

■石橋貴明の主催で復活「2億4千万のものまねメドレーGP」

ものまねの名手たちが一堂に会し、大ヒット曲「2億4千万の瞳」のメロディーに乗せて、さまざまな有名人のものまねをメドレーで披露する「2億4千万のものまねメドレー選手権」。

かつて「とんねるずのみなさんのおかげでした」で行われたコーナーが、審査委員長・石橋貴明の主催の下、「2億4千万のものまねメドレーGP」とタイトルも新たに復活。

神奈月、原口あきまさ、山本高広といった歴代の常連メンバーから、A.B.C-Z・河合郁人ら初参戦組まで、全10組のものまね名人がエントリーし、それぞれ自慢のものまねを披露。このコーナーのMCは、おぎやはぎが担当。川島、白石、千鳥は審査員として参加する。