4月21日(水)放送の「特捜9 season4」(夜9:00-9:54、テレビ朝日系)第3話は、「警視庁捜査一課9係」から続くシリーズ15年の歴史で“初”となる、超異色展開。ミステリードラマでありながら、特捜班に出動要請がかからない、つまり“事件の起きない1日”を描いたストーリーとなっている。

第1話で個人視聴率7.3%(世帯13.2%)を獲得、続く第2話も個人視聴率7.4%(世帯13.7%)を記録する同ドラマ(※ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

第3話では、「警視庁捜査一課9係」から「特捜9」まで、その歴史を1時間に凝縮。古くからのファンには懐かしく、新しいファンにとってはメンバーの人間関係を再確認できる回になっている。

■ポケットの中から見つかったイヤリング 謎を解くヒントは15年間の記憶の中に

第3話でスポットが当たるのは、出世欲旺盛な自信家・村瀬健吾(津田寛治)。古いスーツのポケットから、ブドウの形をした片方だけのイヤリングを見つけた村瀬は、それが誰のもので、なぜ自分が所持しているのかまったく見当がつかず困惑する。

もしや事件の遺留品なのでは…と焦った村瀬は過去の捜査の記憶を思い返していくが、それは同時に特捜班メンバーとの出会いや衝突、“絆”を振り返っていくことにつながる。

新人時代から見守ってきた浅輪直樹(井ノ原快彦)の成長を村瀬がどう感じていたのか、そして“犬猿の仲”である青柳靖(吹越満)や、矢沢英明(田口浩正)、新藤亮(山田裕貴)ら特捜班メンバーの存在をどう見つめてきたのか、村瀬の視点から特捜班の歩みを振り返っていく。

さらに、村瀬が長年コンビを組んできた小宮山志保(羽田美智子)への秘めた思いにも触れる。

また、このところようやく心を開いてくれた現班長・国木田誠二(中村梅雀)や、信頼を寄せていた前班長・宗方朔太郎(寺尾聰)のことも村瀬の胸に去来。さらには、故・渡瀬恒彦さんが演じた9係の係長・加納倫太郎についても思いもめぐらせ、「特捜9」だけでなく、「警視庁捜査一課9係」(2006年〜2017年)の映像もふんだんに織り込みながら、村瀬の回想が展開していく。

■「特捜9 season4」第3話あらすじ

特捜班のメンバー・村瀬健吾(津田寛治)は、ある朝、戸惑いを抱えながら登庁していた。

なぜなら、どうしても思い出せないものが見つかったのだ。それはブドウをかたどったイヤリング。着なくなった服を整理していたところ、古いスーツのポケットから出てきたのだが、いつどこで紛れ込んだのかまったく思い出すことができなかった。

通勤途中に会った浅輪直樹(井ノ原快彦)に、イヤリングを見せて心当たりがないか聞いてみるが、まったく知らないという。そんなことを直樹と話しているうち、村瀬は刑事として未熟だった直樹が主任になるまでの成長を思い返していく事に…。

また、”犬猿の仲”青柳靖(吹越満)をはじめとする特捜班メンバーにも聞くが、皆イヤリングに見覚えはないと言う。「いったいこのイヤリングは何だったのか?」と考えるうちに、遺留品がポケットに残っていたのではないかという疑惑にたどり着く。

しかし、大事な証拠品を紛失していたとなれば懲戒処分も免れないと聞きつけた村瀬は大いに焦る。村瀬はさまざまな記憶を呼び起こし、イヤリングの謎に迫ろうとする。

この日、特捜班には出動要請が入らず、何もかもが穏やかに過ぎていくと思われたのだが、“事件のない日”のラストに、予期せぬ衝撃の出来事が発生する。