株式会社TOKIO社長の城島茂、副社長の国分太一、松岡昌宏が4月21日、東京・渋谷ヒカリエホールにて開催された「うどんで日本を元気にプロジェクト」合同記者会見に出席。会社設立後初となる公の場で同プロジェクトへの思いや今後の取り組みなどについて語った。

「うどんで日本を元気にプロジェクト」は株式会社丸亀製麺と株式会社TOKIOが両社の「日本を元気にしたい」という思いと手作り、モノづくりにこだわる姿勢に共鳴して始動したプロジェクト。今後、“生活者・生産者・地域社会に元気を届けるため”に共同で企画していく。

■粟田社長、TOKIOの“規格外な”名刺交換にびっくり!

株式会社丸亀製麺の親会社・株式会社トリドールホールディングスの粟田社長は、株式会社TOKIOの3人の印象について「昔からテレビ番組で拝見していましたが、モノづくりへのこだわりがすごいですよね。モノづくりへのこだわりは我々と相通じるところであります」とコメント。

また、会見当日はTOKIOの3人と名刺交換をしたという粟田社長。「非常に驚かされたのが、名刺入れに入らないような分厚いかまぼこの板のようなお名刺を頂戴いたしまして(笑)。木を伐採しまして、そこから作り出された特製の名刺ということで、非常に感動した訳でございます」と、“規格外な”名刺への感動を語った。

対して株式会社TOKIO社長の城島は「丸亀製麺さんの印象としましては、全国展開されているということでそれぞれの街の皆さんに愛されている印象があります。自分自身もプライベートで(店舗に)行かせていただいてお世話になっていますけども、お店で製粉からされている。生きているうどんというキーワードがありますけど、その通りだなと」と、モノづくりへの姿勢に共感。

また、丸亀製麺の、「麺匠」制度について「たった一人の麺匠という麺の達人が丸亀製麺さんにはいまして。その方が全国を回って、約400人いらっしゃる麺職人の方に直伝で技術を教えているという。(中略)直伝で次に教えていくっていうのはすごい」と語った。

■国分太一、城島茂に「ついて行っていいですか? これからも」

実は株式会社TOKIO立ち上げ以降初の公の場であった同会見。国分は「タレントとしてこういう場に立つことはあるんですけど、会社の副社長として立つのが初めてでして」と慣れない様子でコメント。

そして、城島に「今までリーダーと呼んでいた方が社長になって隣にいまして。リーダーの時はよく噛んでいたんですけど、社長になったら噛まなくなったということで、ちょっと驚いてますけど(笑)。ついていっていいですか? これからも」とにっこり。なぜか慌てて水を飲み始めた城島に「急に水を飲み出すんですね(笑)」と突っ込みを入れるという一幕もあった。

■松岡昌宏、城島茂のあいさつに「僕は本当に感無量」

「僕らがいったい何をできるのか。我々も番組を通じていろいろな方々と会って勉強させてもらいました。そこには特有の楽しさ、喜び、そしてリスペクトがあって、ああこういう人達にはこういうものが楽しいんだ、この土地にはこういうものが合うんだっていうことを勉強させてもらいました。そのノウハウがもし、今回丸亀製麺さんとタッグを組ませていただいて役に立つのでしたら…」と、株式会社TOKIO立ち上げ後一発目の仕事である同プロジェクトへの意気込みを語った松岡。

そして、国分同様「そしてなによりも、うちの城島がこんなに滑らかにしゃべれるようになったこと、僕は本当に感無量で」と城島のあいさつへの感動を述べ、再びなぜか水を飲み始める城島に「水飲むのね(笑)」と突っ込んだ。

■株式会社TOKIOが提案する企画案

そして、株式会社TOKIOの3人は「うどんで日本を元気にプロジェクト」の企画を一人ずつ提案していくことに。

まずは城島が「丸亀製麺さんで使用されている小麦は北海道産ということで、北海道をゴールとして目指す全国縦断リレーをキッチンカーで。で、全国を回りながら各地でその土地の食材を集めて、最終的に“究極の一杯”を目指すっていう」と「キッチンカーでの全国行脚」を提案。

次に国分が「みんなで楽しく、難しく考えないで、改めて食の大切さを考えていけたらなと」と挙げたのは「うどん食育」。

ここで突然、司会者から国分の「うどん食育」について感想を求められた城島。国分も「社長、どうですか?」と乗っかるも「いや…ぴったりじゃないですか」とあたふたして水をガブ飲み。ここで松岡が「いやごめんなさい、アドリブには。申し訳ございません、そういうのは僕らがやりますんで(笑)」「水ももうなくなってきたんじゃないですか」とフォローし、息ぴったりな3人の様子に会場は盛り上がった。

最後に、松岡が「トッピング開発」を提案し、「各都道府県にその地域の名産品っていうものが必ずありますし、その名産品にプライドをお持ちだと思うんですよね。その名産品をトッピングにして、新しいうどんを作る」と説明。これらのアイデアを受け、粟田社長は「一緒に議論させていただいて、何をやっていくべきなのか、前向きに熱く検討させていただきたい」とコメントした。