YouTuberヴァンゆん・ゆんが5月14日(金)に発売の『WHITE graph 006』(講談社)に登場。グラビア撮影に初挑戦している。

YouTubeチャンネル「ヴァンゆんチャンネル」では222万人ものチャンネル登録者数を獲得しているヴァンゆん・ゆん。他にもアパレルブランドの立ち上げ、音源リリース、バラエティー番組の出演など、YouTuberの枠を超えてさまざまな活躍をし、まさにシンデレラストーリーを歩んでいる彼女。今号のテーマ「シンデレラ」に合わせて、ガラスの靴を履いての撮影にも取り組んでいる。

■撮影エピソード

撮影日は雲ひとつない晴天。きらきらと降り注ぐ陽の光の中、屋上でガラスの靴を履く撮影に挑んだゆん。ガラスの靴に足を入れると「すごい!本物のガラスの靴だ!」と大はしゃぎし、くるくる回ってスカートをはためかせると、水色のドレスが青空に映え、撮影スタッフからは「きれい!本物のプリンセスみたい!」と歓声が上がった。

他にも部屋着でくつろぐヘソだしSHOT、デニムのショーパンに麦わら帽子を合わせた夏らしさ満点なカット、ガーリーなワンピースを着たちょっと大人な表情のカットなど、彼女のさまざまな魅力が詰まっている。

ガラスの靴を履いた感想について、「思い描いていた理想のプロポーズがあったんですけど、今日で変わりましたね。ディズニーランドのシンデレラ城の前で、フラッシュモブをしてもらってプロポーズされるっていうのがずっと夢だったんです。でも今日、そこにもうひとつ夢が加わりました。シンデレラ城の前でフラッシュモブされてガラスの靴でプロポーズされたい」と語ったゆん。ディズニープリンセスに憧れていることや、ヴァンビと作っている動画の裏話なども明かしている。