大島由香里が、4月22日(木)放送「THE突破ファイル」(毎週木曜夜7:00-7:56、日本テレビ系)の“突破ドラマ”に初登場。危険な野生動物と対峙(たいじ)する、小学校の教師を演じる。

同番組は、さまざまなジャンルで実際に起きた驚きのエピソードを基に、再現ドラマとクイズで奇跡の“突破劇”をドラマチックに紹介する新感覚のドラマ&クイズバラエティー。大島演じる小学校の教師は同僚の屋敷(屋敷裕政)と共に、子どもたちを連れて山に遠足へ。

一行は登山の途中で、妙になれなれしいセレブ社長(嶋佐和也)と遭遇。その後、なぜか合流してきてやや面倒くさい思いをするが、特に何事もなく楽しい時間を過ごしていた。そんな中、1人の男子生徒が木に引っかき傷があることに気付く。近くの草むらが妙な揺れ方をしていたため、大島は嫌な胸騒ぎを覚えるが、出てきたのはかわいらしいウサギだった。

その後、一行は見晴らしの良い野原で昼食を取ることに。屋敷は大島から手作り弁当を勧められ感激。手で簡単に裂けるチーズを持って来た大島は、それをサラダに盛り付けて振る舞う。ところが、穏やかな昼のひとときが修羅場に変わってしまう事態が。

1人の子どもが10mほど先の草むらが揺れていることに気付く。のんきなセレブ社長はまたウサギだと気にしないが、大島はさっきより揺れ方が大きいことに不安を抱く。すると、茂みをかき分けて大きな熊が出現。大島は、おびえる子どもたちを落ち着かせようとする。

熊は体長160cm、体重80kg超えのツキノワグマ。春は熊が冬眠から目覚める季節で、一行の弁当の匂いが空腹で気が立っている熊を引き寄せてしまったらしい。大島は子どもたちをかばいながら後ずさり。熊の動きを見ながらゆっくり離れようとする。

実は、熊は背を向けて逃げるものを追い掛けるという性質があるため、この方法はかなり有効。人間と同じように、熊も警戒しているのだ。何か武器はないかと周囲を見渡す大島は自分たちが持って来たレジャーシートに着目する。

屋敷に協力してもらってシートを大きく広げると、熊はどこかへ行ってしまった。野生動物は、自分より大きなものに威嚇されると危険を感じて怯むことが。今回は、大島の機転で何とか事なきを得る。

このまま山にいたら危険だと思った大島と屋敷は子どもたちを連れて下山することに。セレブ社長も付いていく。ところが、一行が山の麓に着いたところで再び熊が出現。熊との距離が近いため、リュックサックにしまったレジャーシートを取り出す時間がない。

周囲は平原ということもあり、用具入れの小屋ぐらいしかなかった。このままでは熊に襲われてしまうと思った大島は、一か八かの賭けに出る。

今回の放送では、大島が熊から子どもたちを守ろうとする勇敢な小学校教師を熱演している他、ニューヨークも個性的なキャラクターで初参戦。ハラハラドキドキの突破劇を盛り上げる。