香川照之が昆虫のすごさと面白さを伝える「香川照之の昆虫すごいぜ!」が5月5日(水)[朝9:00-9:30、NHK Eテレ]に放送される。「人間よ、昆虫から学べ!」をテーマに、香川扮(ふん)する“カマキリ先生”が虫を求めて野原を駆け回り、ほとばしる昆虫愛を語る同番組。

今回は、「テントウムシ」にスポットを当てる。背中の星(紋)が七つの、おなじみ「ナナホシテントウ」のほかにも、日本だけで180種、紋の数も0から20以上と、種類が多いテントウムシ。課外授業として、カマキリ先生が“子カマキリ”(寺田心)と初めて一緒に昆虫採集に挑戦し、できるだけたくさんの「星」を求めて親子で虫捕り対決をする。

さらに、テントウムシの模様に秘められた理由や、脚から出す謎の汁、意外なごはん事情、短い命をつなぐ生態などを紹介し、テントウムシの強さの秘密に迫る。

■香川照之のコメント

2021年もカマキリ先生が帰って参りました!今年の春から、去年できなかった分をとり戻すためにも、一生懸命に虫を捕まえたいと思います。今回の授業は「テントウムシ」。ちっちゃいけれどでっかいパワー!そして、意外な生態をもつテントウムシについて、皆さんといっしょに勉強していきたいと思います。これから夏に向けて昆虫のシーズンが始まりますから、ぜひとも、たくさん虫捕りができるように、またその気持ちが盛り上がるように先生は2021年も授業をしていきます。昆虫の生態を知ることで君たちの勉強になるように、カマキリ先生は今年も昆虫を捕り続けます!

■寺田心のコメント

お母さん(カマキリ先生こと、香川照之さん)と初めて二人(二匹?)で虫捕りをして、すごく楽しかったです!久しぶりの虫捕りだったので、なつかしい気持ちとあたらしい発見もありました。テントウムシは、かわいいイメージがありましたが、実はいろいろな強さがあることをお母さんから教えていただきました。自分を守る強さを持っているテントウムシはすごいな、昆虫は奥が深いなと思いました。