4月24日の「ノブナカなんなん?」(毎週土曜夜10:25-10:55、テレビ朝日系)は、ゲストに若槻千夏と野村周平を迎えて、「No.1になった女ってなんなん?」を放送。

千鳥のノブと弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが、思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組「ノブナカなんなん?」。

今回登場するのは、同性からも熱烈な支持を集めているかおりさんという女性。実際、ファンだという女性たちに話を聞くと、「存在自体が推せる」「可愛くてメロメロです」とすっかり魅了されていることがわかる。

果たして彼女は何者なのか、なぜそこまで人々を夢中にさせるのか、その素顔を深掘りすることに。すると、そこから“天職”といえる仕事にまっすぐ向き合う、プロフェッショナルとしての誇りや心意気が見えてくる。

■体力が必要で、年収は「ちょっとイイ外車が買えるくらい」な仕事とは?

スタッフのもとにやってきたかおりさんは、落ち着いて清楚な雰囲気。ノブは「ちょっと妖艶な感じ」と、第一印象からただ者でないと感じているようだ。

話を聞くと、かおりさんは20代。自身でも「とある業界でNo.1と言われております」と語り、就いているのは体力がいる仕事で、年収は「ちょっとイイ外車が買えるくらい」とのこと。

1人暮らしをする自宅にお邪魔すると、いろいろ気になるものが。自撮りをするためのリングライトや趣味だというパチンコ店の会員カード、さらに謎の制服が3枚。ここで、スタジオのメンバーがかおりさんの職業を推理することに。野村からの爆弾発言に、ノブが「もうしゃべらなくていい!」と慌てて止める一幕も。

■No.1メイド兼店長…業界をけん引する彼女にテレビ初密着!

気になるかおりさんの職業とは、NO.1メイド。世界最大級のメイドカフェに在籍し総勢約550名の中でダントツ1位の人気を誇る。その人気は国内にとどまらず、海外でライブを行うほど。

制服姿に身を包むと「あれあれ? はじめましてかおりです。ご主人様、お嬢様、夢の国へのご入国はじめてニャンニャンですか?」と、登場の際の妖艶な雰囲気が一転、“中の人”モードに切り替わった姿に若槻も「切り替えが早い!」と感心しきり。

しかも、かおりさんはNo.1メイドでありながら店長としてメイド業界をけん引する超敏腕であることも発覚。仕事仲間からも、「かおりちゃんが大好きで、待ち受けもかおりちゃんです」「お店を引っ張ってくれる憧れの存在です」と慕われるかおりさんのリアルすぎる裏側にテレビ初密着。

今回はシビアな給料事情から、新人メイドへの熱血指導まで、ノブが「こんなところ見せるな!」と苦言を呈した(?)、普段は見られないメイドカフェの裏側も紹介。さらに芸能界随一のメイドカフェ好き、トレンディエンジェルのたかしが登場し、“メイ有識者”としてその魅力を熱く語る。