5月3日(月)の「ドリフ大爆笑2021」(夜7:00-9:00、フジテレビ系)で、「ドリフ大爆笑」(1977-1998年)内の1コントだったドリフ版の「バカ殿様」を蔵出し放送することが決定した。

「ドリフ大爆笑2021」は、5月3日(月)から9日(日)に行われる「クセバラWEEK」の対象番組であり、志村けんさん、ザ・ドリフターズのコントが楽しめる。ドリフ版「バカ殿様」が「ドリフ大爆笑」放送終了後、地上波で放送されるのは今回が初めてとなる。

「志村けんのバカ殿様」は、志村さんが志村藩のバカ殿に扮(ふん)し、城内や城下で起こるさまざまな出来事をコント仕立てで描く人気番組。「志村けんのバカ殿様」が初めて放送されたのは1986年4月28日だが、ドリフ版「バカ殿様」はそれ以前の1981年10月13日に放送されたもの。

もともとバカ殿様は「ドリフ大爆笑」内のコントキャラクターとして、放送初期から「志村けんのバカ殿様」がスタートするまで登場し、人気を博していた。そんなバカ殿様にとってなくてはならない存在の1人が、バカ殿様に最も長く仕えながら、バカ殿様に最も翻弄(ほんろう)されてしまう家老。

「志村けんのバカ殿様」では、スタートから1988年まで東八郎さんが、1989年から2020年まで桑野信義が家老役を務めたが、ドリフ版の家老はいかりや長介さん。家老として、バカ殿様の予想外かつ型破りな言動に振り回されながら、爆笑のやりとりを見せていく。

また、ドリフ版では仲本工事が家来役、由紀さおりと榊原郁恵が腰元役として登場する。

今回も「ドリフ大爆笑」「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」での珠玉のコントを一挙に蔵出し。いかりやさんが母親役に扮し、他の4人がその子どもに扮する「ドリフ大爆笑」の名物コント「母ちゃん」や、恒例の「もしもシリーズ」、そして志村さんが扮する「変なおじさん」「ひとみばあさん」といったキャラクターも続々と登場。

さらに、いしのようこ、柄本明、研ナオコ、沢田研二、千鳥といった豪華ゲストとの共演コントも。志村さんといしのが父娘に扮するコント「おハナ坊」や、志村さんと研が夫婦役を務め、名セリフ「なまたまご」が飛び出すコント「ケンとけんの夫婦」など、志村さんの定番コントの数々も放送される。