女優の吉田美月喜(よしだ・みづき)が5月2日(日)放送のドラマ「ネメシス」第4話にゲスト出演する。役柄は、事件の舞台となる由緒正しき名門私立高校デカルト女学院の生徒役。吉田は現在、日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)にも出演しており、ますます注目を集めそうだ。

■「今際の国のアリス」で話題に

「ネメシス」は、5人のミステリ作家の脚本協力のもと、天才過ぎる助手・美神アンナ(広瀬すず)とポンコツ探偵・風真尚希(櫻井翔)の凸凹バディが難事件を次々と解決していくミステリードラマ。

第4話では、由緒正しき名門私立高校デカルト女学院の教師から、同僚の死の真相を突き止めてほしいという依頼が舞い込む。そこへ駆り出されたのが、風真の元教え子で17歳のAI開発者・姫川烝位(ひめかわ・じょうい)。AI研究により15歳で“世界を変える50人”に選出されたという頭脳をもつ姫川は、AIを駆使して犯人捜しを始める。

そんな第4話でゲスト出演する吉田は、2003年3月10日生まれの18歳。2017年にスカウトがきっかけで芸能活動を開始すると、その“目ヂカラ”ですぐに注目を集め、主演ドラマ「僕たちは泳がない」(2019年、フジテレビ系)やかんぽ生命CM「人生は、夢だらけ『夢のフライト篇』」、ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」(2020年、日本テレビ系)など、実績を重ねてきた。素顔はバレエを8年、テニスを6年、バスケットボールを3年経験したスポーツウーマンだ。

世界190カ国で同時配信されたNetflixオリジナルドラマ「今際の国のアリス」では、ストーリーのカギを握るキャラクター・アサヒを熱演し話題に。現在放送中の「ドラゴン桜」では1000人に及ぶオーディションを勝ち抜き、高校生バドミントン選手・岩崎楓(平手友梨奈)とダブルスを組む清野利恵役でレギュラー出演している。「ネメシス」では、デカルト女学院の生徒役。ますますお茶の間に存在感をアピールすることになりそうだ。