乃木坂46の冠ラジオ番組「乃木坂46の『の』」(文化放送)の421回が4月25日に放送され、秋元真夏と筒井あやめが出演。星野みなみの意外なギャップや、後輩から見た高山一実の印象について語る場面があった。

■1期生メンバー内での役割を解説

4期生である筒井から、1期生メンバーのみで集まっているときのそれぞれの役割について質問され、「基本的には、ライブのリハーサルとかしてると、昔のダンスとかを覚えてるのは、かずみんとかみなみなの」と答えた秋元。

3月29日に開催された1期生メンバーによるライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」で「会いたかったかもしれない」を披露した際にも、高山一実と星野みなみの2人が振り付けを覚えており、メンバーに教えていたことを明かした。

筒井の「振り入れのときとかも速いですよね。すごいギャップがかっこいいなあって思ってます」という言葉に、秋元は「速い!そうなの!かっこいいよね!」とうれしそうな声で反応。

さらに、「でもそれ褒めると、“そんなことないよー!”って言ってるからそれもかわいいの!」と熱心に語っていた。

■秋元真夏の“撮りたくなってしまう人”を発表

“写真を撮りたくなってしまう物や人”についての話題では、「やっぱ乃木坂に10年いると、本当にメンバーの写真がデータフォルダもう満載で、たまにバーッて見てみるんだけど、ことあるごとにかずみんの変な写真が出てくるの」と秋元。

“マッサージで痛がっている姿”や、“顔をゆがめながら水を飲んでいる姿”、“変な姿勢で走っている姿”など、様々な高山の動画を撮りためていると告白した。

「才能ですよね。いや、本当に面白いです。すごいと思う」と噛みしめるように語った筒井は、「あの人笑っちゃうなっていう行動してる先輩とかいる?」という秋元の質問に、「高山さん…」と回答。

さらに、「結構ツボですね。本当笑っちゃう」と続け、秋元も「やっぱそう思うんだ、みんな(笑)」と納得していた。

次回の「乃木坂46の『の』」は、5月2日(日)に放送予定。