4月28日(水)放送のアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」(毎週水曜昼5:55-6:25ほか、テレビ東京系ほか)の第16話「最終戦争」のあらすじと先行場面カットが解禁された。第16話では復活した魔神王と、メリオダスら“七つの大罪”の戦いの火ぶたが切って落とされる。

「七つの大罪 憤怒の審判」は、鈴木央による少年漫画が原作。魔物がはびこる古の時代を舞台に、“七つの大罪”の団長・メリオダスとその仲間たちの戦いを描いたヒロイックファンタジーのテレビアニメ第4期。

7月2日(金)には、原作者・鈴木央描き下ろしとなる「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」の公開も決定している。
■第16話「最終戦争」あらすじ
ゼルドリス(CV:梶裕貴)を依り代に復活した魔神王、そして魔神王が召喚した魔獣インデュラ。“七つの大罪”と魔神王の戦いの火ぶたが切って落とされる。

メリオダス(CV:梶裕貴)とエリザベス(CV:雨宮天)は、魔神王と化したゼルドリスを救うべく戦う。エリザベスは女神族の力を解き放ち、本来の強さを見せつける。また、激化していくインデュラとの戦いでは、“七つの大罪”が得意技を組み合わせて抵抗を続ける。

一方、インデュラの幼体が現れたリオネス城では、エスカノール(CV:杉田智和)たちが絶体絶命の危機に陥る。そこに救いの手を差し伸べたのは…“四大天使”マエル!

エスカノールは仲間のために 、再び「太陽」の魔力を取り戻す。