石原さとみと綾野剛がW主演を務めるドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第3話が、4月28日(水)に放送となる。

本作は、住む世界がまるで違う二人が“巨大マリンリゾートの開発”で出会い、運命的な恋に落ちるというラブコメディー。石原は、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(なぎさ・みお)を、綾野はロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(はすだ・りんたろう)を演じる。

海音とともに芝浦海洋大学・海洋学術センター・鴨居研究室で働く特任研究員の宮前藍花を今田美桜が演じる。そんな鴨居研究室の教授で、海音の父親的存在である鴨居正を橋本じゅんが、「蓮田トラスト」の専務取締役であり、倫太郎(綾野剛)と対立する厳しい長男・光太郎役を大谷亮平が、兄二人の関係を取り持つお茶目な三男・榮太郎役を渡邊圭祐がそれぞれ演じる。

■第3話あらすじ
倫太郎(綾野剛)と心が通じたと思った矢先、マリンリゾートへのホテル誘致が決まったと聞き、動揺する海音(石原さとみ)。そんな中、開発予定地である山の一部に、まだ手に入っていない土地があることが発覚。

土地所有者の雪乃(堀田真由)に、土地を売る気持ちはないと聞き、安心する海音。再び冷たい態度に戻り、海音を戸惑わせる倫太郎だが、海音には倫太郎が海を壊すようなことを本当に望んでいるとも思えずにいた。

そして倫太郎は、何か海にトラウマを抱えている様子を見せる。

一方、研究室では新しいバイトに榮太郎(渡邊圭祐)が決定。榮太郎のまっすぐな瞳に、藍花(今田美桜)の気持ちも揺れ動く。テント暮らしの准教授・椎木(水澤紳吾)は海音の経歴が空白であることに気づき、その正体に疑惑の目を向けていた。

蓮田トラスト社内ではリゾート開発が難航する倫太郎に、兄・光太郎(大谷亮平)が厳しい言葉をぶつける。海音は山の水質を実地調査し、海を守るために、山の自然がいかに大切なのかを倫太郎に説明。

そして、倫太郎と親密な関係の美女・遥香(泉里香)が登場し、それぞれの思惑がぶつかる中、二人の恋が加速する…という物語が描かれる。