江口のりこが小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(2022年放送開始予定、NHK総合ほか)へ出演することが発表された。三谷幸喜が脚本を務める同ドラマは、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。

江口は、源頼朝(大泉洋)の愛妾である亀を演じ、頼朝の正室・北条政子(小池栄子)の嫉妬を受けるという役どころ。ドラマ内での印象的なせりふとして「会いたかった!佐殿!」も公開された。

今回の第三次出演者発表は、4月26日に公式Twitterにて予告されており、SNSでは「楽しみです!」「誰が発表されるのかな?」など期待のコメントが寄せられていた。

これまで、「鎌倉殿の13人」へは、第一次出演者発表時に菅田将暉、宮沢りえ、山本耕史らの出演が発表。第二次出演者発表では新垣結衣、佐藤浩市、西田敏行が発表された。