吉川愛、板垣李光人がW主演を務めるドラマ「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)の第5話が、4月29日(木)に放送となる。


同ドラマは、ためこう原作のコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。美しいものは大好きだが、仕事に夢中になるあまり自分自身のおしゃれは二の次になっている漫画誌の編集者・町田和子(わこ/吉川)と、メークも完璧なファッションショップ店員・相馬周(めぐる/板垣)。“和子のことがずっと好きだった”という周の言葉をきっかけに、お試しで付き合うこととなった二人の恋愛模様を描く。

第5話では、正式に付き合い始めた和子と周は、同棲生活をスタートさせる。そんな中、キラ(桐山漣)にドラマ出演のオファーが舞い込む。ただし、役柄に合わせて髪を切らなければならないという。キラは自分の“襟足”を非常に大切に思っており、絶対に切りたくないと拒絶する。

公式サイトで見ることのできる第5話の予告動画や先行カットでは、同棲生活をスタートさせた和子と周の様子が描かれている。同じベッドで目を覚まし、「おはよう、和子ちゃん」と和子にささやく周の姿や、二人がお互いに「好き!」「僕も大好きだよ!」と言い合い、周の頬にキスをする和子の姿が公開されている。

また、キラがあさひ(水野美紀)をバックハグし、真剣な表情で「好きだ…」と伝えるなど、あさひとキラの恋愛模様にも進展がうかがえる。

■第5話あらすじ

正式に付き合い始めた和子(吉川愛)と周(板垣李光人)。同じベッドで目を覚まし、一緒に朝食を作るというラブラブな朝を迎える。「好きだよ、周くん」「僕も大好きだよ、和子ちゃん」大好きな人と思いが通じ合う幸せをかみしめる2人。

一方、あさひ(水野美紀)は、キラ(桐山漣)からのデートの誘いをきっぱり断ったものの、心が揺れる。キラは、あさひに振られて落ち込んでいた。

そんな中、キラにドラマ出演のオファーが舞い込む。ただし、役柄に合わせて髪を切らなければならないという。キラは自分の“襟足”を非常に大切に思っており、絶対に切りたくないと拒絶。マネージャーの高林(吉田ウーロン太)は、新しい挑戦をする良い機会を逃してしまうのではないかと頭を抱える。

一方、周は、高林からタレント活動を真剣に考えてほしいと持ち掛けられる。子供番組に出演して以来、周は注目されるようになっていた。タレントになることに興味がなかった周だが「新しい価値観を打ち出していこう」と高林に言われ、興味を持ち始める。

和子の出版社では、同期でファッション誌編集者の玲(中川大輔)が、キラを起用した漫画誌とのコラボ企画をファッション誌で行いたいと、あさひに提案する。

企画のコンセプトは“新しいキラ”。キラのイメージを変えようとする大胆な玲のアイデアは、キラの事務所側からも承諾を得る。その企画に沿って、撮影が行われることになる。