尾野真千子が、4月27日に都内で行われた映画「茜色に焼かれる」の完成報告会に登場。演じる良子の“勝負カラー”である赤いドレス姿で登場し、共に登壇した和田庵、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏、石井裕也監督と、コロナ禍でも無事に完成を迎えた作品への思いなどを語った。

同作は、社会的弱者が生きづらい時代に翻弄(ほんろう)され、もがきながらも懸命に生きようとする母子の姿を描くヒューマンドラマ。多難の時代に逆風を受けながらも前向きに歩もうとする主人公・田中良子役を尾野が務め、「舟を編む」(2013年)、「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年)などで知られる石井監督がメガホンを取る。

出演の決め手について聞かれ、尾野は「台本を読んで、自分が伝えなきゃって思うことがたくさん詰まっていたからです」と明かし、「精神的につらいときとか、いろいろありましたけど、そうやって自分の気持ちが変化していくところとか、すごく楽しい現場だなって思いました」と回顧。

また、映画では久々の主演となる尾野。演じる良子の印象については「ほんと大変、っていう一言しかないですけど、ちょっとずつこの作品を撮り進めていくたびに、良子の大変さが納得できてくるんですよね。台本だけ読むとか、あらすじだけ読むと、『どうしてそんな仕事をするの?』とか『どうしてそんなことができるの?』って思うかもしれないんですけど、母ってそうなんです。母ってこんなに一生懸命なんです。母になったことがないけど、母になった気になってくるし、母になった気分が分かってきました」と振り返った。


そして作品のテーマにちなみ、「どんなときでも絶対に手放さない大切にしていること」について聞かれると、尾野は「難しいねえ…もう分かれへん(笑)。でも、いつもはそんなには思ってないですけど、手放したら嫌なものは家族になりますよね。いつかもしかしたら父母もいなくなってしまうかもしれないけど、死んでも何しても自分の父母なわけで、その家族との今の幸せな気持ち。

そして今後結婚したときとか、自分の家族ができたとき。自分の家族というのは、今までも仕事に対して(向き合う上で)一番大事なものだったから。お芝居にも助けていただいた部分はあったから、これからも手放せないものですかね」と語った。

最後に、尾野は「監督とこの映画を撮る前に『命懸けで頑張ります』って言いました。それは、今の時代、コロナとかでもう私は仕事ができないんじゃないかとか、いろいろ考える中でこの台本が飛び込んできて。『今、やらんと無理やん。ここで止まってたらあかんやん』って、自分の背中を押してくれた作品でした。

それだけ自分にとって大切で、この田中良子や出演者皆さんのお気持ちを皆さんに届けたい、とすごく力強く思った作品です。その中でみんなで力を合わせてもがいて頑張って、じたばたしながら撮りました。自分にとって最高の映画だと思います。ぜひ映画館で見られるようになってほしい!そういう気持ちです。どうぞよろしくお願いいたします」と力強くあいさつし、イベントを終えた。

映画「茜色に焼かれる」は、5月21日(金)より東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。