北川景子と永山瑛太共演の金曜ドラマ「リコカツ」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第3話が、4月30日(金)に放送となる。同作は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を“リコカツ”というキーワードを通じて描き出す、“離婚するかもエンターテインメント”。

現代的で自由な家庭で育った自分に正直な咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った堅物人間の紘一(永山)は、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。幸せな新婚生活が始まると思われたが、互いの生活習慣の違いや結婚生活に求める価値観の違いで意見が食い違って大げんかに発展する。

売り言葉に買い言葉で、新婚早々離婚を決意するが、周囲になかなか離婚の決意を切り出せず、水面下で離婚に向けた活動“リコカツ”を始める姿を描く。

同ドラマには、北川演じる咲の両親役で佐野史郎と三石琴乃が、姉役で平岩紙が登場。また、永山演じる紘一の両親役を酒向芳と宮崎美子が務めている。咲と紘一の結婚をきっかけにそれぞれの夫婦は思わぬ方向へと導かれ、ドラマ内では世代の異なる4組の夫婦の本音と、そこに関わる周囲の困惑や感情も描かれる。

さらに、咲の元彼・青山貴也役を高橋光臣が、若者に大人気の恋愛小説家で“恋愛のカリスマ”水無月連役を白洲迅が務め、その他、大野いと、田辺桃子、中田クルミも登場し、物語を盛り上げていく。

■第3話あらすじ

キャンプの夜、林の中で道に迷った咲(北川景子)を見つけ出し、背負って帰ってくれた紘一(永山瑛太)。どんな時も自分を守ってくれる紘一に咲は素直に感謝し、紘一も喜ぶ咲を見てうれしく思う。

そんな時、咲の母・美土里(三石琴乃)が2人の新居にやって来て「ここに住む」と言い出す。原因は夫・武史(佐野史郎)の浮気で、美土里は離婚する気だという。

一方、離婚届を残して出て行った紘一の母・薫(宮崎美子)が、箱根の温泉旅館で働いていることが判明。夫の正(酒向芳)はメンツを気にして迎えに行くことを拒否したため、紘一と咲が休暇を取って会いに行くことに。

離婚を決めていた2人だったが、初めての旅行はどこか楽しみで、周囲からも「新婚旅行」とひやかされ、まんざらでもなかった。

そんなある日、同じスポーツジムに通っている紘一と貴也(高橋光臣)はなんとなく気が合い、サウナで互いの身の上話を始める。さらに、箱根行きの前夜、紘一の職場で新婚旅行壮行会が行われ、その帰り際、紘一は部下の純(田辺桃子)から「相談がある」と言われる。

同じ頃、咲は編集長(松永天馬)に、ファッション誌の部署から小説や文学作品を扱う文芸部への異動を告げられる…という物語が描かれる。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画には、“リコカツ中に新婚旅行!?”というテロップとともに花で彩られたベッド、ハート型の風船に出迎えられた咲と紘一が仲良く腕を組み、距離を縮めている姿が。

また、“新たな恋敵が登場”の文字のバックで咲と連が近距離で向かい合うシーンや、貴也と紘一が互いに気づかず咲の話をする様子も描かれ、新たな恋愛模様を予感させる展開となっている。

予告動画の終盤には、ライトアップされた暗がりの中、「私たちは今、雨宿りしてるんじゃない? 雨が止んだら、別々に歩き出す」と語る咲を見つめる紘一の姿も。SNSには、予告動画を見たファンたちの「新婚旅行で2人の距離が縮まりそう!」「えっ!新たなライバル!?」「展開が予想できないから早く見たい」などといった、物語の展開に期待する声が集まっている。

「リコカツ」第3話は、4月30日(金)夜10時よりTBS系で放送。

本編放送後には、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でオリジナルストーリー「リコハイ!!」も配信。同作は、咲と紘一が住むマンションの一つ上の部屋が舞台。本編の新婚夫婦が“リコカツ”する裏でパラレルに繰り広げられる、ちょっぴりエッチで危険な、もう一つの離婚から始まるエロキュンラブストーリーだ。

配信オリジナルストーリーには、物語の主人公・専業主婦の宇治田希恵を演じる桜井ユキや、希恵と驚きの出会いをするモデル出身のイケメン・加賀谷健太役で黒羽麻璃央が出演する。

独り身になった寂しさとショックと解放感から、妙にハイテンションで行動的になったり、行きずりの関係を繰り返したり…本来なら興味を持たない相手にのめりこんだりする“離婚ハイ”状態=“リコハイ”。

その全く正常とはいえない精神状態の中で始まった、年下イケメンとの奇妙な同居生活を描く「リコハイ!!」は、男女の本音がダダ漏れ、 痛くて、せつなくて、エキサイティングで、ちょっぴり危険な大人の赤裸々“エロキュンラブストーリー”となっている。