中村倫也が主演を務めるドラマ「珈琲いかがでしょう」(毎週月曜夜11:06-11:55、テレビ東京系)の第5話が5月3日(月)に放送。同作は店主・青山一(中村)がさりげない言葉で人々を癒やし、優しくもほろ苦い“人情コーヒー群像劇”。第5話では、青山の過去を描く「ほるもん珈琲」とぺいの初恋を描いた「初恋珈琲」の二編を送る。

職場近くで移動コーヒー店「たこ珈琲」と出合う不器用女子・垣根志麻役の夏帆をはじめ、青山の過去に深く関わる謎の男・杉三平役で磯村勇斗が登場。

また、移動コーヒー店・たこ珈琲のルーツであり、一番大きな影響を与えたコーヒーの師匠・たこ役を光石研が務める。

■第5話「ほるもん珈琲」あらすじ

青山はぺい(磯村勇斗)が目の前に現れ、ワゴン車の中で青ざめる。そして、カフェで再会した垣根(夏帆)が、車まで青山を追いかけて来てしまう。

青山の元仕事仲間だと自己紹介したぺいは、「静かなところで3人で話そう」と提案。だが、ぺいの目的は青山を花菱(渡辺大)のもとへ連れていくことだった。垣根を巻き込みたくない青山だが、垣根は保険だと逃がそうとしない。

青山の運転で移動中、垣根から青山の前職について尋ねられたぺいは、「強いて言えば清掃業」と答える。そして、血や泥にまみれながら“清掃業”をしていた当時について語り出す。

■第5話「初恋珈琲」あらすじ

ある理由でぺいは、花菱(渡辺大)らから殴る蹴るの暴行を受けることに。自分の真っ赤な血を見ながら、小学校時代の初恋の相手が背負っていた、真っ赤なランドセルを思い出す。

少年時代のぺい(込江大牙)が恋心を抱いたのは、席替えで隣同士になったひとみ。家が貧しく父親に暴力を振るわれ、早くも人生に絶望していたぺいにとって、ひとみは天使のような存在だった。

そんな折、ひょんなことから、ひとみの家で手作りのコーヒーゼリーをごちそうになる。苦くて甘くて冷たくて…それはぺいにとって初恋の味だった――。

一方青山は、垣根にコーヒーにハマるきっかけになった、ホームレスのたこ(光石研)との出会いを打ち明ける。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画には、金髪の青山が「くそまずい。泥みたいな味がする…」とつぶやくシーンや、ぺいが青山の喉元にナイフを突きつける姿が公開されている。さらに、予告動画の最後には「コーヒーに出会えた時、世界が変わった気がしました」と語る姿も。

SNSでは「次回予告の時点でドキドキしてます…」「金髪の青山さんが美しすぎる」「先週ぺいが出てきた時はびっくりした」などのコメントが上がっている。