女性誌「ar」をはじめ、さまざまな雑誌やテレビなどで活躍する女優・モデルの内田理央が、20代ラストグラビアを収めた写真集を、6月23日(水)に発売する。

“幼なじみ”をテーマに撮影を開始したものの、あまりの脱ぎっぷりに「これは一線を超えている!?」と、思わず撮影チームでも物議を醸したほど。

思わず二度見してしまう“ひじおっぱい”や、袋とじなどの仕掛けもありつつ、おてんばカットやホテルで大人の色気を纏った姿まで、その振り幅の大きい一冊となっている。

■内田理央コメント

――約5年ぶりの写真集です。

前回の写真集からそんな時がたっていたのかと、そっちに驚きです。久しぶりのグラビア。そして写真集。気合いをいれました!

――20代ラストの写真集ですが、なぜこのタイミングで出そうと思われたのですか?

今回はar監修の写真集だったので、かわいくぷりぷりっとしたグラビアを撮りたい! それなら、なるべく早めに! 20代のうちにやりたいことをやっておこうと写真集に納めさせていただきました。ラストぷりぷりグラビアです。

――今回の写真集はどのようなテーマですか?

当初のテーマはちょっとレトロな“幼なじみ”。「おいっちょっと見えすぎ! 隠してくれよ!」ってのを狙っていたのですが、撮ってみたら意外と脱いでいて、これは幼なじみを超えていると審議に(笑)。男女関係なくキュンとさせる存在! 最強のガールフレンドを目指しました!

――出来上がった写真を見て、どうでしたか?

arらしいきゃぴっとした水着から、グラビアっぽいお風呂で濡れベージュ、お尻ガッツリ開いてる下着など、振り幅がすごいなと思いました(笑)。

――撮影時の印象に残っているエピソードをお願いいたします。

ミニスカボーリングの撮影の時に、ボールが出てくる機械の指を乾かすところからの風でスカートがめくれちゃって! 偶然のパンチラにみんなで何じゃこれはと盛り上がりました。写真集でもそれが採用されてます!

――写真集のどのような点に注目してもらいたいですか?

内田史上最高のこれでもかっ!というお尻寄りの写真が盛りだくさんです。「ひじおっぱい」「Oバック」「袋とじ」「丸見えボーリング」など、ちょっとどきどきする仕掛けも。

――この写真集を一言で表すなら?

脱ぎすぎ注意、盛れました。

――ファンへメッセージをお願いします。

いつも応援してくださる皆さま、ありがとうございます。グラビアは私の原点。今までずっと、性別関係なく楽しめるグラビアをモットーに考えてきましたが、その集大成のような写真集ができましたっ。これで20代やり残したことはありません。これをみてキュンとしてください。