4月29日(木)の「プレバト!!」(毎週木曜夜7:00-8:00、TBS系)では、「春の水彩画コンクール」と「俳句の名人査定スペシャル」を放送する。

名人・特待生による頂上決戦「春の水彩画コンクール」は、名人3段・アンミカ、光宗薫、名人初段・くっきー!(野性爆弾)、HG(レイザーラモン)、特待生1級・辻元舞、特待生2級・田中道子、特待生4級・小倉久寛の7人が参戦。

最高段位の名人3段・アンミカは「優勝の感覚を一度味わってるんで! てっぺんとりたい!」と意気込む。また、前回優勝した光宗は、「どなたが1位でもおかしくないレベル。辻元さんもきっとすごい作品を披露されると思うので…」とコメントする。

対する辻元も「前回の水彩画コンクールでも、以前の黒板アートでもやっぱり光宗さんには敵わないんですよ…。なので本当に頑張りました!」と言い、互いをライバル視する。

今回のテーマは、SDGs促進週間に合わせ「綺麗な水のある東京の風景」。水を描くのにはかなりのテクニックが必要となるが、初のタイトル戦出場となるHGは「トップ行きたい!」、くっきー!も「勝つことしか考えてない」と意気込み、誰が優勝してもおかしくないハイレベルな戦いが繰り広げる。

「俳句の名人査定スペシャル」では、永世名人・梅沢富美男と名人10段の東国原英夫が登場。「分別タイプのゴミ箱」をお題に渾身の一句を披露する。句集出版に向けて挑戦している梅沢だが、シュレッダー行きは免れるか。さらに、永世名人目前の東国原だが、「このお題はいじわるですよ〜難しかったですわ!」と表情を歪ませる。