新しいことに挑戦する時は、誰だって不安になるもの。失敗したら、受け入れてもらえなかったらどうしよう。今の自分を捨てるのは怖い…。ドラマ「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)は、そんな時に背中を押してくれる作品だ。甘〜い同棲生活をスタートさせた和子(わこ/吉川愛)と周(めぐる/板垣李光人)の“めぐわこ”コンビ。4月29日放送の第5話では、そんな2人が直面した“一歩踏み出すこと”を巡るエピソードが描かれた。(以下、ネタバレがあります)


原作は、ためこうによるコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」。美しいものが大好きな漫画誌編集者・町田和子と、メークも完璧なジェンダーレス男子・相馬周の恋愛模様を描く。

第5話では、さまざまな登場人物の“初めて”が描かれた。
晴れてカップルとなっためぐわこは、同棲生活をスタートさせた。和子の同期・玲(中川大輔)は初めて雑誌の特集ページを任され、やや空回り気味。キラ(桐山漣)はあさひへの初恋でおおいに悩み、“鉄の女”こと編集長・あさひ(水野美紀)も、キラのまっすぐすぎるアプローチに内心ドキドキしっぱなし。周もタレント活動をやってみないかと誘われ迷っている。

それぞれに“初めて”が訪れる中、励ましの言葉も飛び交った。
なかなか殻が破れない玲にあさひは「自分がいいと思ったものを否定されるのは怖い。新しい一歩を踏み出すのって怖いもの」と理解を示し、芸能界入りを迷う周に和子は「周くんがどっちを選択しても、私はそばにいるから」と優しく語りかけた。キラは、考え抜いたトレンディなデートがうまく決まらず「初めてなのに…なぜカッコつけさせない!?」とイライラ。それでも、あさひに「初めてに失敗はつきものです」となぐさめられて笑顔に。“初めて”を楽しむ心の余裕を知ったようだ。

■「めぐわこ見てると世界中がカラフルに見えるよ」

玲の新企画では、またしてもすったもんだのひと波乱あった第5話。最後に心に残るのは、和子がラストでつぶやいた「恋も仕事も、その行方はわからないけど…一歩踏み出せば、きっと世界は変わる」の一言だ。

結果がどうであろうと、一歩踏み出すことはそれ自体が素晴らしい。恋に仕事に全力投球のめぐわこコンビだからこそ、そう思わずにいられない。視聴者からも「めぐわこ見てると世界中がカラフルに見えるよ」「めぐわこずっと幸せでいて!」「一歩踏み出しためぐるくんもキラさんもカッコいいよ!」といった声が上がっている。

第6話は5月6日(木)に放送する。和子は、タレントデビューした周を応援する。周は、SNSですでに注目を集めるモデル・ささめ(草川拓弥)とユニットを組むことに。事務所社長の奥田(塩野瑛久)は2人を、性別を超えた新しい魅力を持つ新時代のユニットとして売り出そうとするが、ささめはかわいらしいコンセプトに反発。周に「俺、ナヨナヨしたヤツ嫌いだから」と言い放つ。