漫才、コント、ピン芸などを披露する「ENGEIグランドスラム」が、5月1日(土)に昼と夜の2部構成で放送される。昼放送の「ENGEIグランドスラム マチネ」(昼1:30‐2:30、フジテレビ※関東ローカル)では若手芸人が登場し、夜放送の「ENGEIグランドスラム」(夜9:00‐11:10、フジテレビ系)では、おなじみの芸人たちが“ネタ”を披露する。

そして、かまいたちがMCを務め、山内健司がお薦めする20代の“金の卵”若手芸人と、濱家隆一がお薦めする芸歴20年超えの“いぶし銀”おじさん芸人が交互にネタを披露し合うSP企画『金のネタ 銀のネタ』の放送が決定。

同企画に出演する“金の卵”芸人は、芸歴5年のエルフ、芸歴3年の金の国、芸歴4年のマリーマリーと、今後の活躍が期待される3組。一方“いぶし銀”芸人は、芸歴26年のTOKYO COOL、芸歴26年の錦鯉、芸歴22年の野田ちゃんなど知る人ぞ知る実力派3組。

6組全てが「ENGEIグランドスラム」初登場となる中、かまいたち、ナインティナインも6組のネタに爆笑する。岡村隆史は、ある芸人に「好きな人を見つけました(笑)。一緒に(ネタを)やりたいくらい(笑)」とラブコールをするほど“どハマリ”した。

さらに「第56回上方漫才大賞」で大賞を受賞したかまいたちが、初の番組トップバッターに。岡村も「さすが、かまいたちという感じ!」とコメントした彼らのネタに注目が集まる。

また、2020年5月23日放送回以来、1年ぶりに爆笑問題が“大トリ”を務める。爆笑問題がネタを終えると、前回2月20日の放送では、爆笑問題・田中裕二が欠席し、相方の太田光がピンで舞台に上がったことから、ナイナイ・矢部浩之は「爆笑問題でそろわれて、本当に良かったですよ」と話した。